人間関係に悩むくらいならさっさと転職しよう。

日本では仕事の人間関係に悩む人がとても多いです。

何を隠そう、転職理由の上位には必ず「人間関係」があるのです。

主に根性論を強いる昭和世代や、仕事が出来ないのに威張る年配社員に悩まされることも多いです。

 

そもそも論として人間関係を壊すような人は優秀でも何でもないのであまり気にしなくて問題ありません。

 

人間関係を悪化させたり、軋轢を生む人間ほど自己主張が強かったり頑固で融通が利きません。

仕事や人間性において優秀な人ほど、このような稚拙なトラブルを起こさないのは言うまでもないでしょう。

また、人間関係に悩みストレスを抱えるくらいなら辞めてしまっていいです。

 

相手を思いやれず自分の意見だけが正しいと思うような人と一緒に仕事をしても何のメリットにもなりません。

 

ストレスが貯まるだけで、仕事が嫌いになったり嫌な思いをするだけです。

もし人間関係に悩んでいるのであれば辞めることを選択肢に入れてしまっていいと言えます。

また、元々転職願望があったのであれば良いタイミングだと言えます。

 

皆が人として当たり前のことをしていれば人間関係に悩むことはありません。

 

残念ながらそれが出来ない人が多いということです。

では早速書いていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

人間関係に悩むくらいなら辞めてしまおう

 

時間の無駄である

人間関係に悩む時間というのは人生においてもかなり無駄な時間です。

冒頭で書いた通り、人として当たり前のことをしていれば人間関係で消耗することはありません。

逆に言えば、一部の傍若無人な人や無神経な人のせいで無駄な時間が増えているということです。

 

無駄な時間を作るような人間と一緒にいて悩むくらいなら辞めた方がよっぽど楽です。

 

楽で効率的だと言えるでしょう。

不毛なことに付き合い続けても良いことはありません。

それも仕事の生産性とは直結しない人間関係なら尚更です。

 

人間関係は壊すほうが悪いのですがそういった無能な人に付き合う時間の方が勿体ないと言えるでしょう。

 

頭のおかしい人ほど自己主張が激しく感情的だったりします。

まともに相手をするのに疲れたら退職しても何もおかしくありません。

 

時間をかけても解決しない

人間関係のほとんどは時間をかけても解決しません。

小学校や高校生くらいまでであればお互いに「ごめんなさい」で関係が修復できるかもしれません。

しかし、社会人となるとそこまで生きてきた考え方を覆すことができません。

 

馬鹿な大人の思考ほど変えられないものはありません。

 

昨今、パワーハラスメントにこれだけ敏感な世の中にも関わらず未だに告発される人もいます。

これでは、悪いことだとわかっていても自分を変えられないからこそ起こっていることです。

世の中の価値観、周囲の考えなどよりもとにかく自分のやり方、考え方しか優先できない未熟な精神だからです。

 

こういった人たちの性格や考え方を変えるのはほぼ不可能なのです。

 

いくら待っても悩んでも結果は変わりません。

であればサクッと辞めてしまったほうが時間も無駄になりません。

 

ストレスにしかならない

人間関係に悩んでもストレスが溜まる一方です。

人間関係の悩みを抱え続けること自体が不毛だと言えます。

ストレスにしかならないものに悩み続けても余計にストレスが増えるだけです。

 

ストレスそのものを無くすにはストレスの原因から離れるしかありません。

 

先ほど書いている通り、性格に問題のある人は変わることがありません。

待つことも悩むことも時間の無駄なのです。

対象の人を追い出したりできるのであれば待ってもいいですが、期待値がないなら辞めるほうが建設的です。

 

ストレスを抱え続けることにはほとんど意味がなく自分の精神的な健康を優先するべきです。

 

精神的なストレスは想定外の病気を引き起こしたりします。

無理に我慢せず人間関係に悩むくらいなら辞めてしまっていいでしょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

人間関係に悩むくらいなら辞めてしまった方がいいでしょう。

人間関係のストレスで体調を崩すようなら早めに退職を検討したほうがいいです。

もちろん、辞めるなら転職先を決めてからの方が良いのですが健康状態が悪いなら早めに見切りをつけましょう。

人間関係のために健康を犠牲にするのは間違っています。

人間関係は悪化させる側の人間が絶対的に悪なのですが、さっさと切り捨てて辞めてしまった方が良いと思います。

スポンサーリンク