コロナ禍の転職こそが真の市場価値を図る機会である理由

新型コロナウィルスの影響で多くの企業の経済状況が変化しました。

接客を伴う業種は軒並み利益が落ちてしまい赤字に陥っているケースや最悪倒産している会社もあります。

その反面、IT系の企業はサービス利用が増えた事で利益を伸ばしている会社もあります。

 

そのIT系企業は中途採用も積極的な企業も多く人材不足になっているケースもあります。

 

今、あなたがエンジニアやITの専門職でも需要があるため、転職できる可能性があります。

逆にスキルのあるエンジニアであれば大手外資系にも入れるチャンスがあるかもしれません。

チャンスがあるだけではなくて、来てほしいと言ってくれる会社もあると思います。

 

コロナ禍だからこそ市場の中で必要とされる人材であるかが分かると言えるでしょう。

 

コロナの影響で資金繰りが悪い会社もあると思いますが、それでも採用したいと思われるのであれば大いに価値があります。

実際、IT業界の転職についてはさほど減っていないでしょう。

また、IT業界にフォーカスしましたが他の業界でも同じ状況になっている分野もあるでしょう。

 

そこで今回はコロナ禍で転職することが自分の市場価値を知る機会である理由を紹介します。

 

実際にリモートワークが出来る会社に転職したするのも良いでしょう。

もし今の会社の待遇に不満があったり転職願望がある人は活動してみましょう。

 

スポンサーリンク

コロナ禍だからこそ転職の価値がある

 

予算枠の見直しで厳選される

多くの企業はおそらくコロナウィルスの影響など加味せずに2020年度予算を作成したでしょう。

結果的には外出自粛などの影響で経済が停滞し、見通しとは異なる結果となったでしょう。

その結果、特に採用予算などは縮小傾向にあると思います。

 

減った予算の枠から採用が承認されるという事はそれだけの価値があるということです。

 

簡単に言えば、これまでであれば普通に採用されるレベルの人材でも予算が少ない事で見送られるケースがあるということです。

それでも見送るのが勿体ない人材と判断されれば採用されます。

少ない予算から人件費を捻出してでも採用したいという意思表示です。

 

コロナ禍でも予算を割いてでも必要とされるというのは一定の価値があると判断できます。

 

以前は即戦力にならない教育が必要な人材も積極的に採用されていたケースもありますが今は違うかもしれません。

 

コロナ禍だからこそ発揮できるスキル

良くも悪くもコロナの影響で生活基盤やビジネスに大きな変化が起こりました。

店舗を持っていた企業も、店舗を廃止しネット通販に移行しているケースも多いです。

これにより固定資産税や賃貸料を無くし、売り上げを維持できるという経営的には実は効率的になっている企業もあります。

 

冒頭で述べたIT系のクラウドサービスやECサイトを扱うWEBエンジニアなどはスキルが重宝されます

 

そういったスキルを持ち合わせている人は市場価値が上がっている可能性が高いです。

今から新規で導入や開発する企業もあるでしょう。

また、エンジニアではなくてもマネージャー系の人材でも良いかもしれません。

 

IT分野に限らずコロナ禍だからこそ必要とされるスキルを持っている人は自分の価値を図る良い機会です。

 

こういった人材はおそらく現在の市場では争奪戦です。

今のうちに転職市場に出て恩恵を受けてみても良いのではないでしょうか。

 

売上が伸びている会社は出し惜しみしない

この経済状況でも売り上げが順調に伸びている会社は出し惜しみしないでしょう。

というのも先ほど述べた二つの条件に合致する人材は、やはり年収で入社する会社を選ぶからです。

競合するような人材であれば売り上げが順調な会社は出し惜しみしないでしょう。

 

転職では初年度給料が下がるケースが多いですが逆に今は上げるチャンスでもあります。

 

交渉条件として、年収アップを依頼して実現できるなら転職者にとってかなりプラスです。

むしろ、ここを確約しないと転職しない人も多いでしょう。

逆に言えば今市場価値を図り、優位な立場にあれば年収はもっと上がるかもしれません。

 

コロナの状況だからこそ必要な人材に対して資金力のある会社は出し惜しみする理由がありません

 

今までの転職市場の企業のように、上から目線で最低限のコストで考えているなら断られて当然ですね。

優位に立てる可能性があるなら転職活動をして価値を確かめてみてもいいと思います。

 

スポンサーリンク

まとめ

コロナ禍だからこそ市場価値が分かる機会である理由を紹介しました。

経営状況が厳しい会社も多くある中で、ある程度のコストを払ってもらえるのであればそれなりに価値があると言えるでしょう。

市場価値が高いとすれば、年収は大幅に上がる可能性が高いです。

やはりコロナの影響で予算が変わっていることが一番のポイントでしょう。

通常よりも見通しを低く設定している会社も多いでしょうし、その分予算も減ります。

もし今の会社に不満があったり転職に意欲のある人は今が一番、自分の価値を知れるチャンスだと思って活動してみても良いと思います。

スポンサーリンク