異動を希望していないのに異動になった!戦力外通告で異動ならそれに気付くべき

異動を希望していなかったのに、突然の異動を命じられてしまうことがあります。

異動と言っても、期待値が高い人や引く手あまたの人は前向きな異動だと言えます。

新天地での活躍を期待されたり、新しいチャレンジのために選抜されたり、異動先からどうしても必要だと言われての異動は名誉だと言えます。

 

異動を希望していなくても期待されて異動を命じられることが一番多いと思います。

 

良くも悪くも期待値があまりない人は現状維持が多いでしょう。

ある程度、目立った活躍や成績がないと組織としての期待値はそうは上がりません。

また、逆に期待値が低すぎる人も異動になることがります。

 

期待を裏切っていたり成績が不十分で期待値が低い人も異動させられることが多いです。

 

特に、会社としての重要な部門で期待値が低い人は追い出されやすいです。

残念ですが、戦力に全くならないと言っていいです。

少しでも戦力になり期待値があれば、突然の異動もないでしょう。

 

そこで今回は戦力外通告に等しい希望していない異動の特徴を紹介します。

 

突然の異動で困惑している場合は、自分がどういった意味で異動になったか考えてみましょう。

そして、戦力外であるならそのことに気づいて自分を変えていきましょう。

 

スポンサーリンク

戦力外通告による移動の特徴

 

異動の理由が仕事のスキルではない

まず、異動の理由が仕事の内容に直結していない異動は戦力外通告の可能性があります。

子会社への出向なども、時には懲罰的な異動の場合もあります。

期待されている異動と言うのは、仕事において明確なミッションを命じられることが多いです。

 

その反面、本人が持っているスキルを活かしたり将来を期待しての異動ではない場合は追い出されている可能性があります。

 

例えば、人材交流や世代交代などです。

本当にその部署に必要な人間であれば、このような理由で異動になることはまずないでしょう。

人材交流などは別に移動しなくても可能ですし、世代交代するなら前の世代の人から引継ぎが必要です。

 

希望していない異動でスキルを求められたり幹部候補としての期待のない異動は戦力外通告の可能性が高いです。

 

簡単な話、スキルがあって期待値もある人が易々と異動を命じられることはないからです。

また、期待値が高いがゆえに大きなミッションを任されるのが、本当の意味で期待されている異動なのです。

長く在籍した部署から異動

長く在籍した部署から突然異動になる場合も戦力外通告の可能性があります。

長く在籍することで、増長してしまったりその部署での仕事に詳しいことを盾に好き放題する問題社員も非常に多いです。

このような問題に直面すると、その社員自体が属人化などしており非常に迷惑な存在と感じる管理職が多いです。

 

その結果、長く在籍している部署から異動させて業務をリセットするのです。

 

要は「老害化」してしまっているがゆえに異動になるということです。

長く在籍している社員は、本来は会社や業務に詳しいので心強い戦力のはずです。

しかし、長く在籍しており異動も希望していないのに異動になるのはそれなりに理由があるのです。

 

長く在籍した部署で好き放題仕事をしているような問題のある社員は戦力外となるのです。

 

長く在籍することで、井の中の蛙となってしまい実は業務の足を引っ張っている人がとても多いのです。

部署に長くいることに、ふんぞり返って上から目線でいても新しい世代には必要とされていないということです。

人間関係が悪化している

戦力外通告の最も多い事例としては、人間関係の悪化が多いと思います。

なぜか対人関係で軋轢を作るような人がいます。

本来は思いやりを持って、周囲と強調し仕事を進めていくのが最善です。

 

しかし、独善的であったり自己中心的に仕事をして周囲との人間関係を壊す人は仕事の邪魔になっています。

 

もし突然異動になったのであれば、周囲の同僚や後輩などにどう接してもらっているか考えてみましょう。

仕事で必要最低限しか話をしなかったり、打ち合わせにあまり呼ばれなくなったり、距離を取られていたりしないでしょうか。

周囲にストレスを与える人は、どんなに仕事が出来ても人望もなく期待されません。

 

どんなに仕事が出来ても人間関係を壊す人は組織やチームとしての仕事を非効率にしてストレスを与える迷惑な人なのです。

 

人間関係こそ円滑にしておくべきだと言えるでしょう。

一言で言えば「性格が悪い」から戦力外通告になっていることに気づきましょう。

自己評価が高すぎる

戦力外通告になる人は、自己評価が高すぎる人が多いです。

口では出来る、問題ないと言うのに結果は残念なケースが多いです。

問題なのは、結果が伴っていないのに自覚がなく自分に自信を持ち続けていることです。

 

納期を守らなかったり無計画な行動を起こしている自覚のない自己評価が高すぎる人は逆に無責任な人で迷惑なのです。

 

この自己評価の高い人は、それゆえに自尊心が強いのも特徴です。

仕事が出来ると思っているので、自分が仕事で蔑ろにされていると感じると感情的になる人が多いです。

自己評価が高く結果が伴わないので仕事を任せないのにもかかわらず、感情的になるような人と仕事をしたいと思う人は少ないでしょう。

 

もし希望しない異動で自分は仕事が出来ると思っているなら自分が責任を持ち計画性をもって業務を完遂していたか考えてみましょう。

 

もし出来ていないなら、自己評価が高すぎるだけのあまり仕事が出来ない人であるだけです。

本当に評価されている人は上記の事が出来ているのです。

感情的になる

戦力外通告を受けやすいのが、感情的のになりやすい人です。

一言で言えば、「余計なストレス」や「余計なトラブル」を引き起こすからです。

はっきり言って感情的になりやすい人は総じて迷惑でいない方がマシだと言ってもいいです。

 

本来、仕事は論理や十分な根拠をもって物事を決定する必要があり感情だけで判断する理由はありません。

 

要は、感情で何かを判断する人は仕事が出来なくて当然なのです。

実害のあるなし、論理的に要不要を整理し判断していくことが多いでしょう。

根拠もなしに感情だけで判断して機会損失を生むなど、ビジネスとしてはあり得ないと言ってもいいです。

 

感情的になりやすい人ほど仕事が出来ない人が大半でいつ戦力外通告になってもおかしくないのです。

 

好き放題感情的になってキレたりしている人は、残念ですが仕方なくその部署に残しているか温情で異動になっていないだけです。

感情的に振舞うのがいかに幼く稚拙な行いか理解して反省した方がいいかもしれませんね。

スポンサーリンク

まとめ

希望していない異動で、戦力外通告になっている特徴を紹介しました。

戦力外通告になる大半の理由は、仕事の能力以外の部分に多いでしょう。

自己評価が高すぎるのも、仕事の能力よりも自意識過剰な部分が周囲との関係に悪影響を及ぼしているからです。

どんなに同じ部署に長く在籍しても時代は常に変わりますし、昭和的な発想で古い考えを押し付けても自分が邪険に扱われるだけです。

大して組織として重要な理由もなく異動になってしまった人は、自分が戦力外通告されているのかどうか考えて、もしあてはまるなら自分を見直すきっかけにしましょう。

 

 

スポンサーリンク