仕事で病気になるくらいなら今すぐにでも転職しなさい。

日本社会は過労死が多い異常な労働環境です。

とは言え、以前よりはとても改善されてきたと思います。

パワハラ、セクハラ、モラハラなどに対してもかなり厳しくなってきました。

 

しかし、それでも精神的に追い詰められる人もまだたくさんいるでしょう。

 

未だにパワハラまがいのことをして精神的に追い詰める人もいます。

また、複雑な人間関係にストレスを抱えている人も多いです。

なぜか異常な行動を取る人が少なからず存在するのです。

 

もし仕事で病気になってしまったりするのであればすぐにでも辞めるべきです。

 

肉体的な病気でも精神的な病気でもすぐに辞めた方がいいでしょう。

仕事は生活するためにするもので、健康を害するためにするものではありません。

また、可能なら病気になる前にやめた方が良いでしょう。

 

そこで今回は仕事で病気になったらすぐにでも転職するべき理由を紹介します。

 

病気になってまで今の仕事を続ける必要はありません。

もし病気が重いようであれば少し休む期間を入れてもいいでしょう。

スポンサーリンク

仕事で病気になるなら転職するべき

続けても悪化するだけ

仕事をしていて、プレッシャーや人間関係にストレスを感じているとしても、そのままでは良くなることはありません。

日本人が過労死してしまう原因には「我慢しすぎ」が根底にあります。

根性論でどんな理不尽に耐えたところで、体を壊してしまっては元も子もありません。

 

ストレスを感じる職場に留まっても悪化するだけです。

 

仕事なんかよりも個人の体調の方がよっぽど大切です。

もっと自分の体を優先して考えてあげましょう。

会社なんていくらでもある

世の中、会社なんていくらでもあります。

業界によっては人材不足が続いており外国人採用が増えている会社もあります。

一つの会社に無理にしがみつく必要などありません。

 

仕事も会社も世の中にはたくさんあります。

 

病気をしてまで続ける価値のある会社はどれほどあるでしょうか。

今の会社にしがみつかなければいけない理由を考えてみても良いのではないでしょうか。

転職に寛容になっている

昨今は転職に対して寛容になってきています。

優秀な人材確保の為に、ヘッドハンティングに近いスカウトを始めている会社もあります。

どこの会社も優秀だと思う人材や、必要な人材は確保しておきたいのです。

 

転職すること自体がデメリットではないのです。

 

転職するのに怖さもあるとは思いますが、体調を崩すほどではありません。

仕事をして病気になる方が転職することよりも大問題です。

他人も会社も変わらない

某企業が過労死を繰り返しているように、会社も他人も簡単には変わりません。

ストレスの原因がハラスメントや人間関係、または会社の仕組みだとしても変わることは期待できません。

日本の会社と言うのは実害が出るまで、何もできない保守的な会社が多いからです。

 

病気になるまで我慢したところでストレスの原因は取り除けません

 

それであれば転職して一気にストレスのない会社に移った方が早いです。

おかしな環境に身を置き続けても無意味だと言えます。

仕事で病になる環境が異常

そもそも、仕事をしていて病気になる環境は異常です。

正常な労働環境ではなく、頭のおかしい人たちが集まっている証拠です。

世間一般的に、仕事で病気になる人などほとんどいません。

 

つまり、仕事で病気になるのはブラック企業か異常な会社の証拠です。

 

異常な環境など早く切り捨てるべきでしょう。

転職して健康も仕事のやりがいも取り戻した方が人生においてメリットです。

転職すらできなくなってしまう

病気をして体を壊すと転職活動も出来なくなってしまうかもしれません。

冒頭にも書いた通り、可能な限り病気になる前に転職してしまいましょう。

胃腸の調子が悪かったり、頭痛や吐き気など自律神経の異常が見られたら危険です。

 

病気で働けなくなってしまうことが人生において最大のリスクです。

 

仕事のせいで体調のトラブルを感じたらすぐにでも転職活動をしましょう。

動けるうちに新しい環境を見つけた方が健康のためです。

スポンサーリンク

まとめ

仕事のせいで病気になってしまっては元も子もありません。

無理に我慢せず、理不尽やストレスは転職して放棄してしまいましょう。

仕事において健康こそが第一で、体は資本です。

健康あっての社会人生活だと言えるでしょう。

昨今は転職に寛容な社会で、転職支援のサービスもたくさんあります。

体が健康なうちに転職活動をしたり、既に病気になってしまったなら転職を迷わず選択して欲しいです。

異常な環境に身を置き続けても、何もメリットはないでしょう。

スポンサーリンク