新型コロナウィルスが発生して初めて認識出来た日本企業の愚かさ

以前から都市部の企業や勤務帯を批判してきました。

毎日9時に出社しなくても良い仕事でも定時が原則であったり、通勤時間ほど無駄なものはないという点です。

総じて日本企業の人事が馬鹿だからとしか言えないのですが、今回の新型コロナウィルスによってはじめて理解出来た人も多いのではないでしょうか。

 

在宅勤務や時差出勤で混雑を避けるのはとてもストレスが減るのです。

 

好き好んで各企業が混雑を作り上げていただけなのです。

新型コロナウィルスなど関係なく、そもそもこういった勤務体系であれば最初から企業ごとに対策が出来ていたはずです。

今回は、政府などが動きそれによって焦って対策を講じた会社の方が多いでしょう。

 

逆に出社が必要ではないのに在宅勤務や時差出勤が出来ない会社は時代遅れです。

 

ある意味、今回の新型コロナウィルスで各企業の就業制度やIT環境が露呈しています。

政府に言われるまでもなく対策を講じた会社もあれば、環境整備が追い付いていない会社もあるでしょう。

未だにフレックスすら導入していなかった会社は相当な焦りようだったことでしょう。

 

今の時代リモートワークもフレックスも当たり前にあるべきものなのです。

 

そういった意味だと今回は不幸中の幸いで、日本の劣悪な労働環境の改善に繋がりそうですね。

オリンピックの開催については不透明ですが、予行練習のような形になったでしょう。

スポンサーリンク

新型コロナウィルスで初めて認識できる企業の異常

時差出勤すると電車に座れる

毎日のように満員電車に乗り通勤していた人もいるでしょう。

今までは満員電車を批判しても一部の社畜根性論者は「それは甘え」だのと難癖をつけて反論していました。

しかし、実際に時差出勤で自分自身も混雑を避けられるようになってどうでしょう。

 

混雑もしておらず電車も遅延せず座って出社出来ることがどれだけ快適か理解できたのではないでしょうか。

 

新型コロナウィルスに関係なく、時差出勤で業務が成り立つなら毎日朝9時に出社する意味もありません。

そもそも、こういったフレキシブルな働き方の方が労働者にとっても良いに決まっています。

これだけ分かりきっていることを、今までやらなかった会社は時代遅れなのです。

 

あえて混雑する時間に社員を通勤させていた会社は異常なのです。

 

9時に仕事がある人は出社すればいいだけで、9時に仕事がない人は10時でも11時でもいいのです。

フレックスの導入など別に難しい話でもないのに、管理部門の怠慢でしかありません。

在宅勤務で生活の幸福度を上げる

自宅で仕事が出来るのはメリットばかりです。

電車に乗らないので移動時間も発生せず、食事も自炊が可能です。

また、定時後に買い物や病院などもスムーズにいくことが出来るでしょう。

 

日本人は仕事の為に生活を犠牲にしすぎているのです。

 

生活あっての仕事であって、仕事のための生活ではありません。

新型コロナウィルスは非常に危険ではありますが、在宅勤務が普及することで混雑の低下とストレスの低下に大きく貢献しているでしょう。

いくら在宅勤務やリモートワークに否定的でも、こういったパンデミックが予想されるような事態では必要な働き方です。

 

在宅勤務で不要な混雑やトラブルを回避できるのは会社にとっても従業員にとってもデメリットはありません。

 

ただし、一部の自己中心的な社員はリモートワークを制限した方が良いでしょう。

あくまでも真面目に仕事をしている社員にとっても素晴らしい働き方です。

仕事の効率化にも繋がる

フレックスなどの時差出勤や在宅勤務も仕事の効率化に繋がります。

全員一律の定時だと、終業開始直後などに仕事が集中することが多いです。

また、在宅勤務をすることで普段よりも雑音も少なく仕事に励める人もたくさんいるでしょう。

 

結果的に仕事の集中やストレスなどが減ることが効率は上がっていくのです。

 

ストレスによるモチベーションの低下や精神的な負荷は生産性を下げます。

むしろ、仕事の成果にはモチベーションが付き物です。

イライラしたりストレスや疲労感を感じながら仕事をしても生産性が向上することはありません。

 

フレックスや在宅勤務によって疲労の回復も早くなりリフレッシュも出来るので生産性は上がって当然です。

 

今までこういった就業体系を導入できなかったのは愚かとしか言いようがないですね。

労働の本質や、労働者のことを考えれば当たり前のことが出来ていなかったということです。

スポンサーリンク

まとめ

新型コロナウィルスの対策によって、企業の能力が問われる結果となりました。

やはり今までは満員電車や在宅勤務に否定的だった人も、実際に利用してみて考えが変わったのではないでしょうか。

ストレスや混雑を避けることが、どれほど快適かは本来考えるまでもなく分かりきっていた話です。

無駄なプライドや時代錯誤な考え方は捨てて、労働者のための労働環境を構築していくべきです。

以前、猛威を振るっている新型コロナウィルスの終息が見込まれない間は、逆に生産性が向上する会社も多いでしょう。

スポンサーリンク