仕事が出来ない人ほどマウンティングをしたがる理由

仕事が出来ない人はマウンティングをしがちです。

それは、自分を優位に立たせないと不安に押しつぶされてしまうからです。

そして、その結果として煙たがられてしまうことも多々あります。

 

仕事が出来ない人はマウンティングしがちなことが多いです。

 

そもそも、マウントをとって相手に圧力をかけたところで人間関係に悪影響が出るだけです。

何らメリットもなく、やるとしてもビジネスの領域で競合会社を出し抜くためくらいでしょう。

身内や社内でマウントを取ろうとする人は決して仕事が出来るとは言い難いです。

 

優秀な人は安易に人間関係を崩すような行動はとりません。

 

仕事の能力だけが優秀かどうかの基準ではありません。

人間力や精神的な考え方も優秀な人と仕事が出来ない人では差があります。

マウンティングして自分を優位にしたいのは言ってしまえば稚拙な行いです。

 

そこで仕事が出来ない人がマウンティングしたがる理由を紹介します。

 

仕事が出来ない人はコンプレックスなどが丸出しになっていることが多いです。

逆に優秀な人は自己満足では仕事はしない人が多いです。

スポンサーリンク

仕事が出来ない人ほどマウンティングしたがる理由

精神的に非常に弱い

マウンティングする人はとても精神力が低いです。

自分をどんな形でも優位に立たせないと不安になってしまうのです。

また、異様に勝ち負けなどにも拘り相手を屈させたい傾向もあります。

 

精神的に弱いが故に自分を常に優位にしたいのです。

 

自分が優位では無ければ、負けた気持ちになってしまうのです。

本来、仕事は勝ち負けで考えるものではありませんが精神的に弱いので、勝ち負けという考え方に縛られています。

承認欲求が強すぎる

マウンティングしたがる人に多いのは承認欲求の強さです。

誰しも承認欲求はありますが、仕事が出来ない人ほど承認欲求が強いのです。

「仕事が出来ない自分」をとても嫌い、何が何でも認めてもらおうと異常な行動すらしてしまうケースもあります。

 

自分の仕事を認めてもらいたいがためにマウンティングしてでも自分の正当性を主張したいのです。

 

承認欲求丸出しタイプは対応が面倒なので、間違っていても他人は軽く肯定してスルーすることも多いです。

仕事が出来ると思っているなら無理に他人に認めさせる必要などないですね。

感情的になりやすい

マウンティングしたがる人は感情的になりやすい人が多いです。

自分の間違いを指摘されても逆ギレするタイプも非常に多いです。

感情的になりやすい人ほど仕事で扱いにくい人はいません。

 

感情的になりマウンティングするような理性の弱い人です。

 

マウンティングは相手を威圧したり印象をかなり悪くします。

感情を上手く制御し昇華出来る人はあえてすることもないでしょう。

優秀を勘違いしている

マウンティングして自分を優位に立たせて物事を進めている人は優秀さを勘違いしています。

逆に言えば「マウンティングしないと何もできない」人かもしれません。

優秀な人はどんな仕事、対人関係でもそつなくこなすことが多いです。

 

つまり、優秀ではなく自分が優位な立場になったことに酔っているだけです。

 

本当の意味で優秀な人と同じ仕事をさせればはっきりと結果が出るでしょう。

マウンティング出来る相手の前でしか能力を発揮出来ないなど優秀ではありません。

パワハラを理解していない

マウンティングするときに、年齢や在籍年数など相手が変えられないステータスを利用するケースもあります。

他にも上司、先輩など関係性を利用する場合もあります。

このようなマウントの仕方はパワーハラスメントの可能性も十分にあります。

 

昨今のハラスメントによる被害を考慮できるのであればマウンティングなどしない人の方が多いでしょう。

 

優秀な人だけではなく、一般的な社会人ですらこういった危機感を持っています。

つまり、パワハラどころか危機感も薄い人と言うことです。

スポンサーリンク

まとめ

仕事が出来ない人ほどマウンティングをしたがります。

やはり精神的な弱さや、コンプレックスから来る承認欲求が前面に漏れ出てしまうのが大きな理由です。

前述しましたが、仕事は本来勝ち負けや承認欲求のためのものではありません。

そして、マウンティングの仕方によってはハラスメントの可能性もあります。

一言で言えばマウンティングすること自体がリスクにしかなりません。

人間関係の悪化を引き起こす無くても良い問題そのものです。

それでもマウンティングを続けてしまうのは仕事が出来ないからという理由しかありません。

まともな人であれば他人の迷惑になるようなことを安易にすることがありません。

マウンティングしないと自分を優位に出来ないのは明確な仕事の能力不足の証明でしょう。

スポンサーリンク