人間関係で悩んだら転職しよう。馬鹿な大人が多すぎる

日本では社会人が人間関係に悩むことが多いです。

理不尽やパワハラなども未だに残っている会社もあります。

コンプライアンスなど加味しなくとも、人としての振る舞いは考えて行動するのは当たり前の話です。

 

当たり前のことも出来ず人間関係に軋轢を作る馬鹿な大人が多すぎるのです。

 

さらに、そういった人間関係を理由にやめる人を「根性がない」などと批判する人もまだ残っています。

根性論で物事を語ること自体が論外なので退職するのは当然です。

個人的な感情や価値観に縛られている人には何も期待できないのです。

 

人間関係という仕事の本質以外でトラブルを抱えるのは非常に不毛なことです。

 

嫌気が差すまで我慢する必要など全くないのです。

むしろ、そういったくだらない理由にうんざりしているなら素直に辞めてしまいましょう。

今の時代は転職にも寛容です。

 

そこで今回は人間関係に悩み疲れたら転職してしまった方が良い理由を紹介します。

 

人間関係は時にお金でも解決できません。

給料が多くても心の平和がないと病気にもなる可能性があります。

スポンサーリンク

人間関係で悩んだら転職しよう

 

人間は簡単には変われない

人間関係でいくら悩んでも、相手の性格や価値観は簡単には変わりません。

大人になってからでは矯正することの出来ない思考が既に形成されている場合が多いです。

よく話し合うことを求められますが、大抵話し合っても無駄でストレスにしかなりません。

 

価値観を変えられない人と話でも時間を無駄にするだけです。

 

人間関係に軋轢を生む人は、多くが頑固で気性も荒いタイプが多いです。

もしくは、非常識や無責任で他力本願な人もいます。

そういった人たちはずっとそうやって生きてきたため変わることが出来ません。

 

全ての人と理解しあえることなど決してあり得ません。

 

なので、限界だと感じるなら転職してしまった方が悩みは解決します。

無理に付き合う必要などありません。

仕事に支障が出てるなら非効率

人間関係のせいで仕事に支障が出ているならもはや大問題です。

会社がきちんと対応すべきですが、問題社員の在籍年数が長いケースもあります。

日本企業は年功序列を捨てきれないため、長く在籍した社員を必要以上に保護します。

 

成果を上げるための仕事に支障が出るほど人間関係に困るなら辞めた方がマシです。

 

まともな人と一緒に仕事をすれば効率も上がり、ストレスも無くなります。

馬鹿な人はなぜか同じ社員同士でストレスを与えたがります。

本来は仲間なので切磋琢磨し、協力しながら協調すればよいだけの話です。

 

他人に迷惑をかけている意識のない人と仕事をしても成果も上がりません。

 

人間関係に問題を作る人は自己中心な人も多いです。

なぜ仲間である同じ社員に迷惑をかけるのか理解不能ですね。

転職する方が会社のためにもなる

人間関係に悩みを抱えて退職することで、会社に問題を伝えられる可能性があります。

新卒や中途が悉く退職していく部署などは、いずれ人事などもその事態に気づくでしょう。

最高コストを無駄にしてしまう以上は、一定以上の退職は問題視されます。

 

一人の人間などの為に何人も退職者が出るのは非常に大きな金額をドブに捨てる行為です。

 

求職サイト経由などではかなり高い報酬を支払うケースも多いです。

問題のある社員と一緒に仕事を出来る人を探すより、問題社員に対して対処した方がコストもかかりません。

配置転換、降格、悪事があった場合は懲戒処分でいいでしょう。

 

つまり退職や転職によって性格などの問題が露呈する場合もあるのです。

 

なので無理に耐えずに、会社のためと思ってすぱっと辞めてしまっていいでしょう。

問題社員も、会社から処罰されるようなことがない限り傍若無人な振る舞いを止めないでしょう。

スポンサーリンク

最後に

人間関係に悩んだら転職するべき理由を紹介しました。

人間関係という、成果に直結しない不毛なトラブルに時間をかける必要はありません。

ストレスなら辞めてしまった方が解決も早いです。

また、退職した方が会社に異常な事態も伝わるかもしれません。

人間関係を悪化させる人と言うのは、何もメリットがないことをしている意識のない馬鹿なのです。

馬鹿に付き合う時間があったら転職活動を優先しましょう。

スポンサーリンク