仕事が嫌になる原因は、仕事を嫌にさせる人がいるから

仕事が嫌になることは誰にでもあります。

しかし、同僚皆が優しく取引先も温厚な態度であれば嫌いになることは少ないかもしれません。

仕事そのものが嫌な人でも、仕事を辞めたいと思うほど追いつめられることもないでしょう。

 

基本的に仕事が嫌いになるのは嫌いにさせる人がいるからです。

 

世の中様々な人がいます。

当然ながら、性格の悪い人や癖の強い人もたくさんいます。

そして、そういった歪んだ人格の人のせいで仕事が嫌いになる人が非常に多いです。

 

日本人の退職理由の上位には必ず「人間関係」があげられているのは事実です。

 

仕事は本来、誰かを苦しめるためにすることではありません。

しかしながら、誰かにとにかく文句の言いたい人、難癖をつけたい人がいます。

また、なぜか敵対意識ばかり持つ人もいます。

 

仕事は生産性こそが重要で不毛でくだらないことに時間を費やす理由などないのです。

 

性格に問題のある人から弊害を受ける人が非常に多く社会的にも問題だと言えます。

他人が辞める原因になってしまうような人は人として失格だと言ってもいいです。

スポンサーリンク

仕事を嫌にさせる人の特徴

 

相手の都合を考えない人

世の中には相手の都合を考えずに、言いたい放題思ったことを言う人がいます。

こういった人は一度火が付くと中々覚めにくく、自己主張ばかりしたがってしまいます。

そうなると、こちらがいくら説得や説明を試みてもここぞとばかりに反論ばかりします。

 

仕方のないことも納得が出来ない事も多くありますが最低限は相手の主張を認識するべきです。

 

自分の意見だけをぶつけては相手の気持ちはどうなるでしょうか。

相手からすると、話を聞いてくれず横暴な相手だと思うでしょう。

そのような人と一緒に仕事をしたいと思うのでしょうか。

 

相手の都合を無視した仕事の仕方は他人が仕事を嫌いになってもおかしくありません

 

相手の都合を考えるのは人間関係でも基本です。

自己主張ばかりまかり通るような立場や職場もとてもじゃないですが良い環境とは言えません。

必要以上に騒ぎ立てる人

仕事上のトラブルやミスは出来れば穏便に対応したいものです。

内容に応じて説明責任などもあるので、その対応自体もストレスの原因になります。

しかし、なぜか事を事実より拡大解釈して騒ぎ立ててしまう人がいます。

 

問題をあえて大きくして話を煩雑にする人は非常に迷惑な存在です。

 

こういった人はチームやプロジェクトから除外される傾向がありますが、確実に逃れらるとは限りません。

会社の方針で、一緒に仕事をしなければいけない場合は苦痛しか存在しません。

ただでさえミスやトラブルで精神的に参っているのに、こういった人がいると仕事が嫌になるのは当然です。

 

物事には度合いというものがありそれが理解できない人は他人に迷惑をかけています。

 

本質を見失って暴走していると言ってもいいでしょう。

自己満足で問題を拡大解釈して何か始められても迷惑以外の何物でもありません。

感情的に暴れる人

一番迷惑と言ってもいいのが感情的になる人です。

感情で生きることは基本的には損することが多いので出来れば辞めた方がいいです。

特に、一度感情に火が付いたら止まらない人は本当に迷惑でしかありません。

 

感情的になり周囲に当たり散らしたり発言したりする人はストレスにしかなりません。

 

昔はそれが当たり前だった時代もありますが、今やっている人は時代錯誤しています。

パワハラ、モラハラに対して風当たりが強い昨今ではNG行動となりつつあります。

また、数年前から転職も当たり前となっているので、労働者は辞めやすい世の中に変わっています。

 

仕事で必要以上に感情的になるのは他人にも自分にも被害が被るということです。

 

感情駅な態度のせいで優秀な社員が辞めてしまえば、当事者が批判されることになります。

感情的な振る舞いは、場所と場面を選ばないと他人に迷惑をかけて自分を不幸にすることになります。

余計なお世話や自己満足の依頼

承認欲求が強めな人に多いですが、余計なお世話や自己満足で仕事をする人がいます。

余計なお世話は、勝手に仕事を増やされるのでとても迷惑です。

本来やらなくてもいいことであったり、成果にならない仕事をさせるのは非効率です。

 

相手にとって余計なお世話になるのは親切でも教育でも何でもありません。

 

基本的にこれらの行動の原因は自己満足です。

中には相手を試したいだけという理由でやらなくてもいい要求をする人もいます。

仕事の本質を無視した自己中心的な思考だと言えます。

 

必要なことであれば問題ないですが明らかに不要な要求は相手に迷惑をかけます。

 

自己中心な人がいると他の人は仕事が嫌になることが多いです。

せめて相手の為になるのか考えて行動しましょう。

理不尽が当たり前

一昔前は、仕事は理不尽であっても根性で乗り切る風潮がありました。

その結果、過労死やパワハラが大問題となり、今では訴訟問題にも発展します。

スケジュールを大きく乱したり、明らかに不可能な仕事などを要求するのは当たり前の時代ではありません。

 

時代錯誤をして理不尽を強いていも問題ないと思っているならそれが大問題です。

 

他人が仕事が嫌になるのも当然で、辞められても一切文句は言えません。

「少し厳しく言ったらすぐ辞める」と思っている人もいるでしょう。

しかし、自分が少しのつもりでも相手がどう受け取っているかは分かりません。

 

少しだろうと理不尽を言うのであればそれ自体が問題なのは変わりません。

 

相手の事を考えて行動したら理不尽などほとんど出てこないはずです。

理不尽だと言われた場合は、自分の行動を素直に見直しましょう。

スポンサーリンク

最後に

仕事が嫌になる原因は嫌にさせる人がいるからです。

自分の中で、どれか一つでも特徴にあてはまるものがあれば見直すべきです。

他人が仕事を嫌になるだけではなく、あなた自身が他人から信用を失い嫌われていきます。

時には評価にも直結してしまうでしょう。

他人が一緒に仕事をしたいと思うような人にならなければ、本当の意味で人望は得られません。

スポンサーリンク