仕事の振り方が下手くそな人は一生出世できない理由

ある程度の年齢になってくると出世を考える人もいるでしょう。

30代後半からは役職を持つ人も多いです。

しかし、一向に社内で立場が変わらずに悩む人もいるかもしれません。

 

仕事がいくら出来ても肝心な人望が無い人や人間関係が上手く築けていない人は出世できません。

 

出世できないどころか、「出世させてはいけない」と思われている人もいるでしょう。

当然、そのような言葉を真正面から言われることはありません。

本人は無自覚で悩むことになるでしょう。

 

そして、出世させたくない人や出世させてはいけない人は他人を振り回すという理由があります。

 

役職が無い状態でも他人を振り回してしまう人は、当然上には行けません。

その人の上に人を置いて、好き放題できないように抑止しなければいけなと組織は判断します。

そして、他人を振り回してしまう理由は仕事の振り方です。

 

仕事の振り方が下手くそな人は常に周囲を振り回してしまいます。

 

同僚や後輩から顰蹙を買いやすく評判も悪くなります。

残念ですが、「仕事のあり方」がずれている人にしかなりません。

スポンサーリンク

仕事の振り方が下手くそな人の特徴

 

理由が不十分

他人に仕事をお願いする際に、お願いする理由は必要です。

何も考えずに仕事を振っているのであれば、相手が不誠実だと感じて当然です。

何の理由もなし仕事を振るのは、他人の気持ちを考えられない証明です。

 

理由もなし仕事を振ったり理由を説明しないのは仕事の出来ない人です。

 

なぜなら、何事にも必ず理由があるからです。

特に仕事においては、成果を出すために必ず考えに対して理由があるはずです。

しかし、理由が不十分であったり理由がないのは「何も考えていない人」である証拠です。

 

仕事の振り方が下手な人ほど理由や説明する能力が欠如していると言えます。

 

いわゆる「説明下手」なだけであればいいですが、出世を望んでもうまくいかないでしょう。

部下が納得したり共感するような仕事の振り方が出来る人が上司に向いています。

 

無責任

仕事の振り方が下手になってしまうのは無責任な側面があるからです。

仕事の丸投げや急な依頼など、相手の気持ちや都合を考えていないからこそやってしまいます。

それでいて、他人に任せっぱなしにしてしまう人が多いです。

 

仕事振るだけ振って忘れてしまう人は無責任極まりないです。

 

責任感のある人は、自分が依頼した仕事のことを忘れたりしません。

細かい状況まで聞いたりしなくても、経過や結果を確認してフォローすべきことはフォローします。

それは自分が振った仕事で相手が困っていないか、トラブルがないか把握するためです。

 

無責任な人は無茶なことを言ったり丸投げをして放置することが非常に多いです。

 

このような人が他人から信用されるのは不可能と言っていいでしょう。

無自覚な人が多いので、まずは自覚するところからスタートでしょう。

 

自己中心

自己中心な人は自分基準でしか他人に仕事を振れません。

そのため、相手の都合なども平気で無視してしまうため、他人から慕われることがありません。

他人のスケジュールを無視して、無理矢理仕事を押し付けることもあります。

 

自己中心な人は他人のことを考える余裕がありません。

 

心に余裕が無い人が出世できないのは当然です。

自己中心な性格の人は、常に自分を守ることしか考えていません。

自分のことに必死で他人に迷惑ばかりかけてしまいます。

 

出世欲も結局のところ自己中心だからこそのものです。

 

自分のステータス、承認欲求のための出世欲になっています。

仕事が出来る人との出世欲とは異なる自分の幸福だけを考えている欲望です。

 

感情的になる

仕事の振り方が下手くそな人は感情的になりやすいです。

残念ながら冷静な対処が出来ない人は絶対に出世できません。

感情的になりやすい人は、周囲も扱いにくく「絶対に」出世させてはいけない人になります。

 

感情的になりやすい人は怒りなどの感情を表現することが多く非常に滑稽です。

 

滑稽だと思われている人に人望が集まることはありません。

また、好き嫌いなどで仕事を選別する人も他人からは嫌われてしまいます。

そして、自分の仕事の依頼を断わられて逆上したりするのは最も滑稽です。

 

ポジティブな感情表現が良いのは良いことですがネガティブな感情表現は人間関係において良いとは言えません。

 

悪口や逆ギレ、理由の分からない激高などは他人が距離を取る理由になります。

感情の制御が出来ない人は子供だと思われてしまいますね。

 

臆病

仕事の振り方が下手くそな人は実は臆病です。

身勝手な仕事の振り方や、下手くそになってしまうので自分を守りたい気持ちが優先されているからです。

裏を返せば、他人から信頼されているか不安であったり自信の無さを攻撃的な態度で隠そうと必死なのです。

 

実際に同僚や後輩など自分が優位に立てる相手にだけ強気な人が多いでしょう。

 

上司などにはペコペコ頭を下げて、他の人と接するときの態度と違う人は、仕事が下手くそな人の特徴です。

優秀な人は上司だろうと同僚だろうと、言うべきことははっきり言います。

相手によって態度を変えてしまう人は、臆病だからこそです。

 

臆病な人ほど責任転嫁や言い訳などを繰り返し仕事の振り方も下手くそなのです。

 

自分の指示でトラブルが起きても、臆病なので嘘をつく人すらいます。

当然、嘘をつくよりも事実を話した方が評価が下がることがないのは言うまでもありません。

 

スポンサーリンク

最後に

仕事の振り方が下手くそな人は出世できない理由を紹介しました。

出席できないというよりは、出世させるには相応しくない特徴が多いということです。

仕事の振り方が下手な人は、他の人が当たり前のように出来ることも出来ていないと言えます。

本人の実務能力が高くても、他人との連携が全くダメでは上司になど到底できません。

出世したい人は、一度自分の指示の出し方を見直して考えてみると良いでしょう。

スポンサーリンク