上司からの人格否定で「辞めたい」と思った時にするべき行動

昨今、パワハラをはじめハラスメント行為に厳しいにもかかわらず、未だに理不尽なことを言う人がいます。

特にそれが上司からなら相当なストレスでしょう。

そういった上司の部下は、既に何人も辞めていってしまっていることが多いです。

 

それでもその上司が上司で居続けるのは会社が甘いからです。

 

会社の利益や、部署の運営などを危惧して処罰出来ないのです。

しかし、その結果として病気になる社員もいれば転職してしまう社員も出てきます。

採用コストと比較したら即刻切り捨てるべきなのが正解です。

 

ですがそれが出来ない会社では誰かがずっと人格否定などの辛い思いをし続けます。

 

「人格否定」は明らかなパワーハラスメントです。

辛いと思い我慢する必要は本来はありません。

もう「辞めたい」と思っているなら行動してしまいましょう。

 

上司から人格否定されて退職を検討している人がするべき行動について紹介したいと思います。

 

もちろん、全部をやる必要はありません。

今の自分に出来る行動をしていきましょう。

 

スポンサーリンク

上司に人格否定されたら

 

パワハラを告発する

まずはじめに、パワーハラスメントは放置していい問題ではありません。

もし憎しみや恨みがあるなら、会社の然るべき部門へ通報しましょう。

もし会社が上司や人格否定をする人間の味方をするなら労基署に持ち込むと話しましょう。

 

その際は必ず時系列や他人の証言、ボイスレコーダーなどで確実に証拠を残しておきましょう。

 

パワハラに限らず、こういった問題は隠ぺいなどをするとさらに事態が悪化します。

会社も悪い人を擁護しても結果的には状況を悪化させるだけです。

会社ももちろんですが、その上司の方がさらにダメージを受けることになります。

 

もしあなたが上司からの人格否定に怒っている面があるなら正式に罰しましょう。

 

戦う気力のある人限定の行動ですが、こうしないと世の中は変わりません。

会社を辞めたくないけれど、辛いという人はパワハラを公にし証拠を持って裁きましょう。

 

すぐに転職する

会社にとってのダメージは、仕事が回らなくなることです。

もし今すぐにでも「辞めたい」と思っている人はすぐに辞める準備をしましょう。

いち早く転職先を見つけるのが、先決だと言えます。

 

そのまま人格否定に耐え続けても病気になってしまう可能性もあります。

 

そして、精神的な病は体の傷と違い一度かかると治る保証がありません。

今、自分の健康を最優先に考えるなら、健康なうちに別の会社に転職する事です。

仕事が出来ないほど精神的に追い詰められたら仕事を探すことすら叶わなくなります。

 

「もう限界」や「すぐにでも辞めたい」と思っているならすぐに転職活動をしましょう。

 

今時、転職活動など珍しくありません。

パワハラをするようなクズ上司と無理に仕事なんてする必要はありません。

 

言い返す

上司の理不尽や人格否定に耐えられないなら言い返すという手段もあります。

自分の立場が悪化するだけかもしれませんが、実は相手はあなたが反抗しないから言っているケースも多いです。

普段は温厚な人が突然、怒って言い返して来たらどうなるでしょうか。

 

それが部下であっても気圧されたり委縮したり上司も怯むことが多いです。

 

個人的に、こういった行為からの人間関係の悪化は望みませんが、退職することに何の引け目も無い人は言いたいことを言ってしまっていいと思います。

その理由は、「我慢」することが精神的健康を阻害しているからです。

許せない事や、言いたいことを我慢している大人な人が多いですが、時には言わなければいけないないこともあります。

 

上司が立場を利用して言いたい放題にしているだけであってこちらが反抗してはいけない理由はありません。

 

基本的に上から面な上司や横暴な上司は勘違いしている人が多いです。

立場があれば何でも許されると思っている人は、人から尊敬されず時に蔑ろにされても文句は言えません。

 

スポンサーリンク

最後に

上司に人格否定された時の行動について紹介しました。

現実的にはパワハラ告発か退職の二択でしょう。

会社を辞めたくない人は告発するべきで、仕事がどうでも良くなっている人はいち早く転職活動をしましょう。

そして、職場で我慢の限界が来た人は三つ目の選択して相手に怒りをぶつけましょう。

残念ながら時代が変わっているのにもかかわらずパワハラを止められない人がそれなりにいます。

そういった人には、相応のダメージを与えないと一生変わる事が出来ない頑固な人が非常に多いですね。

スポンサーリンク