内定辞退は直接会って感謝?モンスター就活生?企業も大概だから文句を言う権利はない

以前、日経新聞の内定辞退マナー記事が炎上しました。

内容からすると、炎上して当たり前と言っても過言ではありません。

どういった内容か一応記載しておきます。

 

内定辞退のマナーとして「企業の担当者に直接会って感謝を」という非常に馬鹿げたことをマナーと語っています。

 

多くの人が批判するのは当然です。

批判的な意見には「企業が落とすときはお祈りメール一本なのに」や「人事はそこまで暇なのか」という内容があります。

非常に正しい意見だと思います。

 

企業は就活生に不誠実なのに対して就活生にだけ必要以上に誠意を求めるのは理不尽であってマナーでも何でもありません。

 

なぜこうも会社中心の考え方になるのでしょうか。

企業側にだけ手厚く誠意を見せないといけないのがマナーなのでしょうか。

就活生が、時間をかけてエントリーシートを作成して面接に足を運び、多大な時間を消費していることをなぜ蔑ろにするのでしょうか。

 

時間や手間をかけているのは就活生も一緒であって企業だけが努力しているわけではありません。

 

内定辞退に時間をかけるよりも、メールや電話で済ませてもっと時間を有効活用すべきです。

直接会って断ることに、いったいどれほどの生産性があるのでしょうか。

 

スポンサーリンク

企業側も学生に酷いことをしている

 

採用するつもりもないのに選考

企業側も学生に対して酷いことをしています。

採用するつもりもないのに選考する企業もあります。

一応、面接はするものの受かることがないということです。

 

その場合は大半が企業側の理由や都合であって就活生に非は一切ありません。

 

採用予定人数に到達した、他の何かしらの理由などで面接しても合格させることはないのです。

企業側は損をしませんが、学生側にとっては貴重な就活の時間です。

内定の出ていない学生にとっては真剣に面接に取り組んでいることもあるでしょう。

 

合格する見込みがないのであれば面接もエントリーシートも時間を割く理由はありません。

 

就活生を騙して時間だけ奪っている企業や、そういったことをした会社もあるでしょう。

自分達の理不尽を棚に上げて就活生を批判するのはとんでもない愚行です。

 

学歴フィルター

企業側が学生に対してやっている一番ひどいことは学歴フィルターだと言えるでしょう。

優秀な人材を確保したいがために、学歴でふるいにかけて選考に参加する事すらかなわない学生もいます。

もちろん、採用活動を効率化するためには必要なことなのでしょう。

 

しかし、学歴フィルターがあるので本当に入社したいと思っていても選考すら受けられない学生もいるということです。

 

知名度のない、偏差値の低い大学に入る方が悪いと言わんばかりの仕組みだと思います。

確かに無名で名ばかりの「大学生」も非常に多くいます。

ですが、どんな大学であっても真面目に将来を考えている学生もいるでしょう。

 

学歴フィルター特定の就活生は一掃されて会社説明会にすら行くことは出来ないのです。

 

当然、多くの学生はそれを承知の上で自分に見合った会社を探していると思います。

企業側の学歴フィルターを理解している就活生の方がよっぽどまともだと思います。

 

期限が短すぎる内定承諾の返事

内定を出してから、返事がどの程度待てるかは会社次第です。

そして、最も悪いのが「短すぎる」返事の期間です。

人生で最初に入社する会社などは人生経験においても大切な機会であって、その後の社会人人生の基準にもなります。

 

その内定に対する回答を3日以内などとするのは脅しも同然です。

 

せめて一週間や二週間にするべきです。

就職活動をしていて、3日以内に同時に複数の会社から内定が出る方が少ないです。

3日と言うのは、内定を比較したり本人が納得するまで考える時間はありません。

 

返事の期限が短すぎるのは就活生に「今決めないと落とします」と圧力をかけているのと同義です。

 

本人がきちんと納得しないで就職してメリットがあるでしょうか。

モヤモヤを抱えたまま入社して、嫌なことがあればすぐに辞めてしまうでしょう。

 

容姿で差別

企業側は容姿で就活生を差別することも多いです。

やる気重視やメンタル面を強調していても、所詮は人間ですので容姿端麗だと印象は良くなります。

いくら「平等」だと考えていても見た目による差別を行う企業はあります。

 

志望動機などを時間に多大な時間を割いても容姿で選考の可否が変わる場合もあるのです。

 

内定辞退を「バックレ」てしまう学生も確かにいますが、容姿を理由に落とす企業はどうなのでしょうか。

なぜ企業側は自分たちが行っている理不尽を棚に上げて就活生には謎のマナーばかり押し付けるのでしょうか。

結局のところ、「どっちもどっち」であって一方通行にどちらかの意見だけが正しいなんてことはありません。


学生は差別されても文句を言えないのに、企業だけ就活生に注文ばかりなのはいかがでしょうか。

 

また労働は対価を得るための方法であって「働かせてもらえるだけ幸せ」なんて時代ではありません。

企業側だって選考で就活生を時に差別し、選別しているのだから就活生にも差別、選別されて当然です。「職業の自由」なのだから労働者が企業を選ぶのも当たり前の話です。

 

スポンサーリンク

モンスター人事だっている

 

就活生を見下す人事担当者

非常に態度の悪い人事担当者も多いです。

酷いところだと暴言を吐かれることもあるのではないでしょうか。

「モンスター就活生」の情報を出すなら「モンスター人事」のことも情報を出しましょう。

 

就活生にだけモンスターがいるわけではなく人事にもモンスターはいます。

 

先ほども書きましたが「どっちもどっち」なのです。

モンスター就活生を批判する人事担当者がまともだとしても、他の会社の人事にはモンスターがいるのです。

特に就活生の揚げ足を取る事ばかりして、相手を見下す人事担当者は最悪です。

 

就活生のような他人に対して面と向かって見下した言葉を口に出来る人事担当者なんて嫌な思いしかしません。

 

面接して落とされるのは仕方ありませんが、嫌な気分させられたらもっと最悪です。

人事も自分たちがどういった振る舞いをしているか考えた方がいい人がいますよ。

 

選考結果を全然連絡してこない

中には選考結果の連絡を全然してこない人事もいます。

おそらく何らかの理由があってですが、それなら理由を述べて待ってもらうよう伝えるべきです。

就活生のことは平気で待たせてるのになぜ偉そうなことが言えるのでしょうか。

 

面接時間が遅くなったり選考結果が遅くなったりしても学生は待っているのです。

 

人事は平気で就活を待たせるのに、就活生には非常に厳しすぎです。

相手に厳しくするなら自分たちももっと誠意をもって厳しく正しく行動するべきです。

むしろ、社会人である企業担当者がマナーを守れない方が問題ではないでしょうか。

 

就活生にマナーを求めるなら企業側もマナーを守るべきです。

 

あたかも企業側はマナーを完璧に守っているような主張をするのはやめるべきです。

企業側にもマナーが悪く就活生を不快にさせる人事担当者もいるのです。

 

仕事内容が全然違う

いざ入社してみて、仕事が全然違っていたり異動で地方に行かされる例もあります。

就活生に誠意を求めて、内定を承諾した結果がこれではあまりに横暴です。

新卒で数ヶ月で退職するケースはほとんどがこういった仕事の内容のギャップが多いです。

 

人事が始めからどんな仕事でどうなる可能性があるか話しておけば済む話です。

 

では、なぜ話さないのかと言えば「本当の事を言えば入社する人が少なくなる」に他なりません。

嘘をつくメリットなど結局無いにも関わらず、就活生を騙している人事も多いです。

入社前と入社後では話が違うなら辞めますし、そういった会社は渋々妥協した人を残して会社を運営しています。

 

業務内容や年収に関して詐欺的な人事部門も非常に多いのではないでしょうか。

 

年収だって、入社してから「残業30時間」込みの場合などもあるでしょう。

そういった生活に直結する事実は、事前にきちんと説明して了承を得た上で内定を出さないとただの詐欺行為です。

 

スポンサーリンク

最後に

内定辞退について、直接感謝など不要な事を紹介しました。

日本社会はなぜか労働者よりも会社や企業の都合を優先します。

しかも、直接会って感謝など時間の無駄以外の何物でもない感情論です。

内定を辞退することで何かデメリットが起きるのであれば、日本中で現在進行形で問題が発生しているはずです。

一体何のための就職活動なのでしょうか。

馬鹿馬鹿しい主張には付き合わず、時間と効率を重視して問題ないと言えるでしょう。

あたかも企業側が正しく誠意のある振る舞いばかり主張するのはいい加減止めましょう。

労働者も就活生も企業も全て平等なのです。

スポンサーリンク