仕事が出来ない人ほどスケジュールや予定を確認しない理由

仕事が出来ない人には多くの特徴があります。

その中でも重要なのが「スケジュール」の話です。

仕事で失敗する人の中には納期などを守れない人もいます。

 

他人や仕事のスケジュールや予定を確認しない人は仕事が出来ない人です。

 

予定の確認やスケジュールを確認して仕事を進めるのは基本的なことです。

また打ち合わせをするなら、呼びたい相手の予定を確認するのも当然です。

言ってしまえば「当たり前」のことが出来ないと仕事も出来ないのです。

 

仕事が出来る人は無意識で「当たり前」のことが出来ています。

 

仕事で失敗する人の多くは確認不足が原因と言ってもいいでしょう。

確認するのが手間だとしても、ミスに繋がり手戻りが発生する方が手間で感情的にもネガティブになります。

また予定などを確認せずに安易に「大丈夫だろう」と進めている証拠です。

 

そこで今回は仕事が出来ない人ほど予定やスケジュールを確認しない理由を紹介します。

 

仕事でもプライベートでも予定を立てて計画的に進めるのは本来当たり前のことです。

当たり前が出来ない、出来なくなってしまう理由を紹介します。

 

スポンサーリンク

仕事が出来ない人ほど予定やスケジュールを見ない

 

自分本位だから

予定を確認しない人は自分本位であると言えます。

この手のタイプが起こすトラブルは優秀な人との関係性を壊すものです。

優秀な人は先に予定を立てて、計画通りに遂行しようとしますが自分本位な人はどうでしょうか。

 

自分のスケジュールに周りや仕事を無理矢理合わせようとします。

 

そうすると、他人はスケジュールや予定の変更を余儀なくされます。

さらに問題なのは、外せない予定を先に入れていて、そこに別の予定をかぶせることです。

予定を被せられて、参加出来ないことを話してもなぜか反発するのです。

 

外せない予定が重複した場合は先に入れた予定を優先するのは当たり前です。

 

言ってしまえば、自分本位な人は他人の予定を確認せず後から被せて逆切れするのです。

人間関係のトラブルや仕事に支障をきたす「出来ない人」でしかありません。

 

仕事の仕方が分からないから

スケジュールを立てない人の多くは「仕事の仕方が分からない」人です。

本来、目標となるターゲットの日にちを決めて、そこまでのプロセスをきちんと整備して仕事を進めます。

リスクを考慮したうえで、安全に計画を立ててあとは遂行していく形です。

 

しかし、その場その場で対処することしかできない人はスケジュールが立てられないのです。

 

逆にそれが「当たり前」だと思っているような非効率な人もいます。

「いつ」までに「誰が」「何を」するのか決めるのは、仕事をする上で当然です。

しかし、それが出来ない人たちはそもそも「スケジュールを立てる」という行動が出来ないのです。

 

安全に仕事を進める方法を知らないか出来ないのです。

 

結果として、その場しのぎイメージしか定着しないため仕事が出来る人には見えません。

スケジュールが立てられない人は主体的に業務に取り組むことも少ないでしょう。

 

言えばやってくれると思っているから

安易にスケジュールを被せたり、他人の予定を確認しない人は言えば済むと思っています。

非常に軽率な行動が多い人だともいえるかもしれません。

この時点で仕事が出来る人にはなりません。

 

他人にも予定がありいつでも何でも対応してくれるわけではないのは言うまでもありません。

 

仕事をする上での他人に対する価値観が「協力してくれる前提」になっています。

本来、協力して欲しいなら尚更、他人のスケジュールを阻害しないように確認するべきなのです。

仕事で疲弊する原因の中には、スケジュールが滅茶苦茶な仕事も非常に多いです。

 

基本的に突然の依頼や認識していない仕事を振られても困る人の方が多いです。

 

最低限、事前に仕事がお願いできる確認しないとトラブルになります。

仕事が出来ない人ほど言えば誰かがやってくれると安易に考えていることが多いです。

 

問題意識がない

スケジュールや予定を被せたり、突然変えようとする人たちは問題意識が低すぎます。

他人の予定を狂わすことに対して、罪の意識が低すぎると言えるでしょう。

しかも、「確認する」だけで無駄なトラブルを避けられるのに、それすら出来ない人たちです。

 

仕事が出来ない人ほど問題意識が少なく危機感もありません

 

その結果として、スケジュールも予定もきちんと確認しません。

自分の仕事でスケジュールを立てないのも、問題意識や危機管理が不足しているからです。

何度も書いていますが、スケジュールを立てて仕事を進めるのは安全に遂行するためです。

 

何でも上手くいく前提で仕事をしても想定外のことが起きるとパニックになるだけです。

 

優秀な人はいつ何が起きるかある程度、予測して不測の事態が起こってもゴールがずれることがありません。

それは常に問題意識を持っていて、リスクを考慮したうえでスケジュールを作り予定通り対応するからです。

 

スポンサーリンク

まとめ

仕事が出来ない人がスケジュールや予定を確認しない理由を紹介しました。

簡単に言えば、当たり前のことが出来ないとトラブルを起こしてしまうだけということです。

自分一人で遂行できる仕事ならいいですが、他人に協力してもらう仕事で他人のスケジュールや予定を確認しないのは軽率です。

結果的に自分が損をするくらいに思っておきましょう。

仕事が出来る人になりたいなら、当たり前の行動を当たり前のようにやることです。

スポンサーリンク