仕事ではぶられる原因は性格の問題が多い仲間に入れてもらうためには?

 

仕事ではぶられてしまう人もいると思います。

いじわるな集団にはぶられるならまだ被害者でありますが、そうではない事が大半ではないでしょうか。

基本的に、他人に距離を取られてしまい結果的に孤立してしまうことが多いでしょう。

 

はぶられる原因の大半ははぶられる人の性格です。

 

頼りにもなり優しい人がはぶられる事はほとんど無いと言っていいです。

つまり、はぶられる人は頼りにされない、頼りたくないと思う存在なのです。

はぶられる事にショックを受けたとしてもそこに感情を持ち込み行動するのはやめましょう。

 

はぶられた事に対してキレたり無理やり輪に入ろうとしても逆効果です。

 

自尊心を優先するがために感情的な行動を取るのは絶対的にNGです。

自尊心や自己愛の強い人ほどこういった行動を取りがちです。

周囲がどういった意図で仲間外れにしているか考える必要があります。

 

人間関係を改善したければ性格や振る舞いを変えていく努力が必要です。

 

はぶられている事実を受け止めて、自分自身の振る舞いを考え直しましょう。

退職することも一つの手段ですが、転職先で同じ状況を作っては意味がないといえるでしょう。

 

スポンサーリンク

職場や仕事ではぶられる原因

 

周囲と価値観が合わない

まず最初に価値観の問題です。

仕事に対するあり方については千差万別、文化や教育によっても異なります。

仕事でも人間関係でもお互いの価値観をすり合わせて合理的な結論へ導く必要があります。

 

しかし、頑なに自分の価値観を主張し大切にする人は周囲と波長が合わなくなります。

 

周囲の意見を無視して、自分の価値観だけで物事を決めようとすると軋轢が生まれます。

頑固になって他人の意見を否定したり、他人が意味を感じない行動をとられると迷惑することが多いです。

そういった柔軟性のない行動が多く、周囲が迷惑だと感じたら当然、輪からは外されるでしょう。

 

価値観は人によって異なるのは当然ですが、価値観の違いを受け入れて調和出来ないと頑固で邪魔な存在となります。

 

よく自分の主張を鑑みてくれないと怒り出す人がいますが、そういった人が他人の仕事を阻害していることを理解しましょう。

相手の考えや意見もきちんと聞いて時には受け入れましょう。

 

責任感がない

複数のメンバーで仕事をする際に、当然役割分担というものがあります。

それぞれが担当する業務や仕事で、誰が何を対応するべきか決めるでしょう。

しかし、担当者が非協力的、無責任に放棄するようなことがあればメンバーから信用を失います。

 

本人がやるべきことをやらずに無責任な対応をすると当然別の人に任せることになります。

 

責任感もなく打ち合わせで口出しするだけの人を必要だと感じる人はいないでしょう。

打ち合わせに呼ばれない、呼ばれなくなった人はこの手のタイプです。

実際に動いてくれない人を同じ業務に巻き込む理由がありません。

 

適切な助言が出来るならまだしも手を動かさずに口だけの人は無責任なのです。

 

責任感のある人は、発言に責任をもって自分が動くべきところはきちんと動きます。

担当している仕事で、責任感を持って行動できない人は信用するに値しません。

 

身勝手な人

仕事において身勝手な人は当然、はぶられてしまいます。

勝手に仕事を決めてしまったり、他人の意思を無視して別のことをしてしまったり、自分の都合でしか行動できない人は計算外のトラブルを引き起こす原因になります。

全員の意思よりも自分の意思の方が大切な人とも言えます。

 

自分の事ばかり考える人は自己中心的で他人と協力して仕事をするのには向きません。

 

他人に協力はしないのに、他人には協力しろという姿勢の人もいます。

そんな一方通行の関係では人間関係が壊れてしまって当然です。

身勝手な人は理不尽を平気で言うこともあり、当然信頼されません。

 

自己愛や承認欲求が強いがあまり独りよがりになっている人も多いです。

 

他人は自分の欲求を満たすための存在ではありません。

他人の自尊心も尊重し、調和を保って仕事をする必要があります。

 

スポンサーリンク

仲間に入れてもらうには

 

謙虚になり相手の意思を尊重する

まず、仲間に入れてもらうには謙虚になる必要があります。

頑なに自分の非を認められない人や自己主張にこだわる人は、その性格を直す必要があります。

輪から外されたことをに恨みを抱き、感情的になっても事態を悪化させるだけです。

 

輪から外されたことを許せないなら輪から外された事実を受け止めましょう。

 

受け止めて、自分の振る舞いが悪かったならきちんと認めましょう。

はぶられる人の多くは、「輪から外したほうが悪い」と相手に責任転嫁をしてしまいます。

しかし、それは逆ではぶられる側に「距離を置かれる理由」が必ずあります。

 

謙虚になって周囲の人の意見をきちんと聞いて尊重してあげましょう。

 

はぶられたことに文句を付けたり、無理矢理輪に入ってこられても迷惑しかしません。

感情的になることは絶対的にやめましょう。

 

必要とされていないことを受け止める

そもそも、はぶられるということは残念ですが他人から必要とされていないのです。

承認欲求が強い人は、それを受け止めたくないので現実を否定するために強がったり事実を否定します。

しかし、必要とされていないのは事実なのです。

 

自分がなぜ必要とされないのかきちんと考えてみましょう。

 

必要とされていない以上、輪に入るのは難しいです。

必要な存在であれば自然と輪に入れてくれるはずです。

自分の存在意義を、他人に認めてもらうためには何が足りないか考えてみましょう。

 

いくら仕事の能力が高くてもはぶられる人ははぶられますし、そこには理由が必ずあります。

 

残念ですがよほどの問題がない限りは、普通ははぶられません。

はぶられるということは、かなり深い問題がある事実を受け止めましょう。

 

立場を捨てて考える

長く会社に勤めた人、年齢がある程度高い人でも当然はぶられます。

はぶられる理由には、会社に長く在籍した経験や年齢を武器に理不尽を強いたりや自己主張するのが原因であることもあります。

「俺のほうが偉いんだ」と思い込んでしまっているような人ですね。

 

そういった考えのある人は今の立場を一度捨てて考え方をリセットしないと仲間には入れてもらえません。

 

まずそういった古い価値観が邪魔になっていることを理解しましょう。

何年在籍しようが、年齢がいくつだろうが必要とされる人は必要とされます。

それは、時代の変化に考え方が適応しているどうかだけの問題です。

 

物事を柔軟に考えて判断できない人は立場が上だろうと他人に必要とされません。

 

自分の立場に縛られて、自分の主張が必ず正しい、通ずるものだと思うのはやめましょう。

立場を捨てて相手と同じ目線で物事を考えないと、新しい世代の考え方からどんどん離れていきますよ。

 

スポンサーリンク

まとめ

仕事や職場ではぶられる人は性格に原因があります。

本当に周囲の人間の性格が悪くていじめられてしまうケースもありますが、そこは退職するしかありません。

性格というのは、自分で治そうと思わないと治らないものです。

相手や周囲に原因があると思い込まずに自分にも原因があると考えないと、相手を思いやることはできません。

はぶられて辛いと感じるのであれば、自分自身を変えていくしかありませんよ。

スポンサーリンク