遅刻や欠勤の連絡を電話しないなんて非常識!いいえ、それは時代遅れな考えです。

よく遅刻や欠勤の連絡でメールやコミュニケーションツールを使うと「マナーが悪い」という考えな人がいます。

連絡しないのであれば非常識ですが、連絡しているので全く問題ないと言っていいでしょう。

電話しないといけない特別な理由は何かあるのでしょうか。

 

電話で連絡しないといけない理由は全くなく連絡することの方がよっぽど大切です。

 

先日はこのような記事もYahooに掲載されています。

 

就活にLINE浸透 250社利用「学生から返信早い」

 

世の中の連絡やコミュニケーションの手段は既に進化しています。

古き世代はITのリテラシーも低く時代の変化に適応できていません。

完全リモートワークの企業もある中で、コミュニケーションが多様化しているのは言うまでもありません。

わざわざ音声に拘り、効率を無視して謎の価値観を残そうとしている他なりません。

 

電話連絡がマナーというのも結局「礼儀」や「姿勢」など電話の内容とは無関係な話なのです。

 

要は「これは電話で連絡」で「あれは電話じゃなくていい」など訳の分からない価値観で批判しているだけなのです。

電話でなければいけないものと、そうでないものを区別することすら必要ないと思います。

相手に、どういった状況なのか伝われば手段は何でもよいと思います。

 

実際に既に多くの企業ではメールやコミュニケーションツールを連絡手段としていることは非常に多いでしょう。

 

つまり、「電話しない」と批判すること自体が時代遅れなのです。

多くの企業は既に新しいコミュニケーションを導入しているのです。

 

スポンサーリンク

遅刻や欠勤で電話連絡しなくても問題ない

 

むしろ電話じゃない方がいい

遅刻や欠勤を連絡するとして、電話した場合は電話に出ている相手にしか伝わらない場合もあります。

電話で聞いた人が周知するのかもしれませんが、それなら初めから全体に連絡を入れた方が効率的です。

メールなどでメーリングリストに送付すれば全員出社した後に遅刻や欠勤が分かります。

 

口頭で伝えて周知するのは非効率で証跡の残るメールやツールの方がよっぽど正確に伝わります。

 

電話しないことを批判する人は、効率より姿勢や意識ばかり考えています。

マナーと言いますが、効率を下げるマナーは無くて良いのではないでしょうか。

電話しなくなることで、多大な損失に繋がるわけでもありません。

 

考えれば簡単に分かる話であって電話は非効率なのです。

 

否定する人は、一体何のためにマナー違反だと主張するのでしょうか。

電話しないことを感情的に否定したいだけではないでしょうか。

 

誰かが出社するまで待つのは無駄

例えば、早朝に体調が悪くなり休もうと思ったとします。

その時間帯、誰も人がいなければ電話しても誰も出ないでしょう。

では電話を繋げるために誰かが出社するまで家で待つのでしょうか。

 

電話が繋がるまで待つくらいなら早く病院に行ったりした方が良いに決まっています。

 

電話依存症の人たちに付き合うと、問題の解決が遅れていきます。

体調がとても悪くて電話するのも億劫な場合もあるでしょう。

無理に電話する必要なんて無いのは言うまでもありません。

 

電話連絡する事よりも本人の状況を知ることの方や問題の解決を優先するのは当然です。

 

本当に馬鹿馬鹿しい話だと思います。

遅刻や欠勤するのでさえ気を使わないといけない社会など不要です。

 

便利になったものは使うべき

そもそも時代とともにITが進化しているのにも関わらず有効活用しないことの方が疑問です。

何十年も前から使っている電話だけに拘りすぎです。

便利なツールや方法があるのに、積極的に利用しないのは勿体ないと言えるでしょう。

 

古い文化に拘っても新しい文化の受け入れを遅らせるだけです。

 

新しいものを使いこなせないが故に、古いものに執着してしまう人が多いです。

たださえ、IT技術においては後進的な日本で、いまだに古い文化を肯定するのはさらに時代から遅れる原因です。

こういった頑固な人たちが時代の進化を妨げています。

 

実害のないものに拘り生産性を低下させることにはメリットなどありません。

 

積極的に時代の背景にあった連絡手段を使っていいのです。

否定的な人は時代遅れな人だと思って無視しましょう。

 

移動中に電話は使えない

電車や車に乗りながら、電話連絡はそれこそ危険であったり「マナー違反」です。

電車は公共の場であり、そこでのマナーを優先するのは当然です。

電車が止まってしまい、身動きが取れない状況で電話で連絡するのが正しいと言えるでしょうか。

 

公共のマナーを破ってまで電話連絡するのが正しいわけがありません。

 

車の場合も電話しながらの運転は危険です。

停車してから電話なりメールなりすれば良くて、別にどちらの手段を用いてもいいと言えるでしょう。

また、駅や人込みなど雑音が多い場所では電話をしても聞き取りにくく逆に意思疎通が図りにくいです。

 

これだけ電話連絡に拘るとデメリットや非効率なのになぜマナーになるのかが理解できません。

 

生産性や効率を捨てたマナーなど必要なく、電話連絡しないことで損害が発生するわけではありません。

くだらない価値観を捨てられないのは生産性を低下させて仕事の本質をはき違える原因となります。

 

スポンサーリンク

まとめ

遅刻や欠勤を電話で連絡しなくていい理由を紹介しました。

電話に拘るのが非常に非効率なのがよく分かると思います。

便利なものを使わずに、不便な方法に拘っても生産性を低下させるだけです。

データで済む資料を、わざわざ紙で作成するようなものと一緒です。

時代に見合ったマナーや価値観を創出し、否定的ではなく受け入れていかないと時代にはついて行けません。

効率的だと思える手段を優先して使いましょう。

スポンサーリンク