副業したいなら副業するべし。副業禁止は奴隷制度でしかない

副業したいと思っても、会社にバレるのが嫌で出来ない人もいると思います。

しかし、法律では「副業禁止が禁止」です。

一般のサラリーマンも副業をしても問題ありません。

 

しいて問題を上げるなら会社が許可していないから罰則を与えられてしまう事です。

 

残念ですが意味不明な理由で必ず批判する会社があります。

そもそも法律で副業を制限していないのに、会社独自の言い分で禁止したり批判するのは経営者が馬鹿だからです。

会社指定の就業規則を守っていれば、それ以外の時間はどう過ごしても問題ないのです。

 

個人で収益を上げられると会社は奴隷的に扱えなくなり本業の成果を上回ると会社を辞められてしまうのではないかと危惧するのです。

 

本当に馬鹿馬鹿しい話で、副業を許可すればいいだけなのです。

理不尽で意味の分からない理由で咎めた結果、ビジネスにおいて優秀な人が会社を去るのです。

つまり、「副業禁止は奴隷制度」でしかありません。

 

副業は法律で禁止されておらず会社独自のルールで縛り付けても本業に支障が無ければ問題もなく、最悪辞めて副業可の会社に転職すればいいだけです。

 

副業にリスクがあっても、この程度で回避できる問題です。

もし副業したいと思っているなら、迷わずに始めてみましょう。

 

スポンサーリンク

副業がしたいならすればいい

 

収入の分散は重要

会社が副業を許可していようがいまいが、収入を分散するのは大切です。

昨今、SHARPや東芝のように大手老舗企業であっても業績が傾く事があります。

会社員だろうがフリーランスだろうが、景気や法律の変化、予期せぬ減収など給料が下がってしまう事があります。

 

副業をしていれば会社員だけの給料に生活が縛られません。

 

会社に依存すると、その会社での給料が減ったら苦しくなります。

しかし、副業で収入があれば補填できます。

逆に副業の収入が下がっても本業で収入が上がれば補填できます。

 

一つの収入元しかないという事自体がリスクなのです。

 

さらに倒産などしてしまえば、職自体を失います。

複数のスキルを持っている方が安全なのは言うまでもありません。

 

月数万で生活が豊かに

副業と言っても、アルバイトであったり株式投資であったりサイト運営など様々です。

本業をやっている中で、休みの日など体力や気力があるうちにやる程度です。

それでは月に何十万も稼ぐことは、中々難しいです。

 

しかし、ひと月で数万円稼ぐだけでも生活は豊かになります。

 

仮に月に2万円なら1年間で24万円にもなります。

5年後を考えたら、資産が120万円も差が出ます。

結婚式や海外旅行などの資金にもなりますし、車だって買えてしまいます。

 

たったの数万でも早く始めることで数年後の資産が全くもって変わります。

 

すぐにでも副業をした方が将来のためになります。

小さなお金であっても絶対に生活は豊かになるのです。

 

バレたところで何もない

副業はバレたところで何もありません。

法律に違反していないので、刑罰を受けることもなく咎めてくるのは今所属している会社だけです。

正々堂々と、本業に支障がない旨を伝えれば良いだけです。

 

仮に副業の売り上げを奪いに来るような会社なら辞めてしまいましょう。

 

たまにこういった情報を目にすることがあります。

貧乏根性と僻みに満ち溢れたゴミ以下の会社だと思っていいでしょう。

逆に売り上げが多ければ多いほど称賛してもいいくらいです。

 

副業はバレても人生が終わる事も無ければ問題すらありません。

 

安心して大丈夫です。

むしろ、副業をもっと活発にする社会になっていくでしょう。

 

会社が禁止するのは奴隷制度

会社が副業を禁止や許可制にするのは奴隷として働かせたいからです。

会社からの給料に労働者を縛り付けて、会社以外で成果上げないようにするためです。

そうしないと、個人のスキルが上昇し転職したり別の会社に行ったり、本業を捨て去られてしまうからです。

 

所属している会社に縛り付けて「給料を上げたいならもっと働け」と奴隷的な働き方をさせたいのです。

 

これは一切、否定することは出来ません。

なぜなら、副業自由の会社が存在しているからです。

つまり、副業禁止の会社は他社で実現している副業自由の思想を実現できない、したくない理由があるのです。

 

副業自由の会社が存在して問題なく企業運営が出来ているのにも関わらず禁止する理由はありません。

 

それこそ「個人のスキルが上がったら困る」からです。

それは会社以外の成果によって会社が意味の分からない理由で恐怖を感じているからです。

 

スポンサーリンク

まとめ

副業がしたいならすればいい理由を紹介しました。

副業する事には一切、問題はありません。

法律で禁止している「副業禁止の禁止」を守らない会社の方が悪いです。

また、許可をするとしても会社の情報を利用する場合だけではいいのではないでしょうか。

たいがい、会社とは無関係の事で副業をしたいと思うはずです。

 

副業する事で生活が豊かになり人生のリスクも減るので、やりたいと思っている人は絶対にやるべきです。

スポンサーリンク