部下が仕事が出来ないのは上司の責任である。部下への責任転嫁はパワハラになる

よく「部下が仕事が出来なくて困っている」など耳にします。

確かに、成果が出せない部下や仕事の能力が著しく低い部下がいると管理するのが大変になってしまうかもしれません。

性格の問題など、真面目や不真面目と言った姿勢に関する問題もあるでしょう。

 

しかし人間性に大きな問題が無ければ当然ながら部下が仕事が出来ないのは上司や先輩が原因です。

 

もちろん、必ずしもそうではないケースもありますが大半は上述の通りです。

名ばかりの「管理職」であるなら部下の能力を引き出せなくても仕方ありません。

なぜなら「管理」しか出来ないからです。

 

管理も指導も一方的な感情や価値観の押し付けは関係を悪化させるだけです。

 

つまり、管理方法や指導方法が誤っているから良い方向に進みません。

下手なプライドや頑固さが悪影響を引き出してしまっていることもあります。

部下を「仕事が出来ない」と見下してもいいことはありません。

 

良い上司と悪い上司は部下の生産性が異なります。

 

今回は、仕事が出来ない部下がいるのは上司の責任である理由を紹介します。

何事も思いやりが大切です。

 

スポンサーリンク

部下が仕事が出来ないのは上司の責任

 

仕事はモチベーションが命

まず最初に仕事はモチベーションが命です。

やる気や気力がなくなってしまえば、前向きに仕事は出来ません。

逆に言えばモチベーションさえあれば生産性は向上していきます。

 

つまり、部下のモチベーションを奪うような行動をすると部下の生産性は低下します。

 

パワハラまがいの叱責や価値観の押し付けはモチベーションを低下させてしまいます。

人によっては転職してしまいますし、残っていても生産性は低下する一方です。

少なくとも相手の意見をきちんと聞いたり、無茶な依頼をしないことが大切です。

 

上司だからと言って部下は何でも言うことを聞くわけではありません。

 

部下には部下なりの考えもあります。

それに耳を傾けず一方的な要求をするのはモチベーションの低下に繋がります。

 

感情的に当たり散らしたらパワハラ

よく「何でもパワハラと言うのは仕事がしにくい」などと口にする人がいます。

パワハラは大問題でありますが、確かにパワハラ冤罪も問題でしょう。

しかし、意図的に怒らせたりしてパワハラの証拠を取られる方が悪いです。

 

簡単な話ですが不平不満をその場で感情的になって発散しなければいいだけです。

 

感情的にならなければパワハラだと言われることも少ないでしょう。

非常にシンプルな話です。

つまり、パワハラ論調を批判している人たちは、感情の発散が出来ないことに不満を抱えています。

 

そもそも感情的にならなければいいだけで怒れなくて困っている方がどうかしています。

 

要は「パワハラだと言われるから怒れないじゃないか!」と主張しているのです。

怒って人間関係に軋轢を作っても無意味だと思います。

 

叱責や怒るだけが指導ではない

部下の成果が低かったり能力が低い場合は必ず理由があります。

批判や否定など、叱責する前に「なぜか」を知る必要があります。

パワハラをしてしまう人は、基本的にこれが出来ていません。

 

相手の意見や考えなどを聞いたうえで改善すべきポイントを提言するべきです。

 

感情的に発散しても相手は「威圧行為」や「理不尽」だと感じることが多いです。

つまり、相手に不満をぶつけても当たり散らしても物事を悪化させるだけです。

ミスすることを恐れてしまい、必要以上に慎重になったりやる気を失えば生産性は低下します。

 

指導する側の人間が人として尊敬されていなければ指導も指導にならないと言えます。

 

感情的になっても問題が無かったのは前の時代までです。

時代に応じて考え方を変えられない人は社会のお荷物になるでしょう。

 

部下を見下しても関係が悪化するだけ

部下を「仕事が出来ない」と見下すことにメリットはありません。

逆に「あなたが誰より優秀かどうか」を問われて嬉しいでしょうか。

仕事の能力で劣る部下と自分を比較しても何も良いことはありません。

 

「仕事が出来ない」と一蹴しても本質は何も変わりません

 

「教えても出来ない」や「指導しても無駄」などと言うこと自体が間違いです。

本当に仕事の能力が低いなら適性のある仕事などを検討するべきです。

役職者であれば異動などに関しても一定の権限はあるはずです。

 

仕事が合わない人や能力が見合っていない人を無理やり業務に巻き込んで解決しようとしても無意味です。

 

本当に仕事が出来ない部下なら、その業務から離れてもらうことを検討して良いはずです。

怒って叱責して無理に今の業務を強いる必要なんてないのです。

 

飲み会などは本当に無意味

よく仕事での人間関係を良くするために「飲みケーション」がありました。

しかし、よくよく考えてみると非常におかしな話です。

関係を改善するためにお酒が必要なことが大問題です。

 

飲み会に頼らずに日常業務で人間関係が築けていないのが問題です。

 

お酒の力を借りないと関係を改善できないなど無意味です。

普段の業務の中できちんと意思疎通が出来ていない方が問題です。

業務の中で良い人間関係が作れていれば、自然に飲みにでも行くでしょう。

 

職場の飲み会に来ない人などを批判する人は普段から人間関係が築けていないコミュ障のような人たちです。

 

良い関係なら参加するでしょうし、嫌われていたら参加しない人もいます。

また、お酒に頼らない人間関係の構築をするべきだと言えます。

 

スポンサーリンク

まとめ

部下が仕事が出来ないのは上司や先輩が原因であることを紹介しました。

本当にコミュニケーションについて学ぶべき人が多く存在しています。

記事中にも書きましたが、「人間として尊敬」されていれば大概上手く行きます。

相手の意見を聞いたり、方法を変えてみるなどはっきり言えば当たり前の事をしていれば仕事も上達していきます。

理不尽や一方的な押しつけを行うと信頼関係は破綻します。

仕事の能力は本人に原因があることもありますが、指導が出来ない上司や先輩の場合はそれが原因であると言えるでしょう。

スポンサーリンク