仕事で部下や後輩に妬みを感じる人はド三流である

たまに他の人や部下や後輩などが仕事が出来ることを妬む人がいます。

その理由は、自分より相手を下に見ているからであって「なぜあの人ばかり褒められるのか」と感じてしまいます。

また、同じ年齢の時の自分と比較して、優遇されていることを感情的に否定したいのだと思います。

 

本来は同僚や後輩、部下に仕事が出来る人がいるのは良いことです。

 

頼りになる後輩や部下がいて何が不満なのでしょうか。

もちろん、その不満は感情的な嫉妬や妬みでしかありません。

能力を最大限に活かして評価されているのが気に入らないのでしょう。

 

そして、その不満の根本原因は不安です。

 

自分よりも評価されていて、実績に増えるほど自分の立場に対して不安を感じてしまうのです。

自分より早く出世してしまうのではないか、給料なども負けてしまうのではないかなどの危機感や不安を感じています。

また、感情論的に「自分より気に入られている」という理由かもしれません。

 

仕事ですら他人の成功や活躍を喜べない人は仕事ではド三流です。

 

出来る人に嫉妬したり嫌がらせをすることが一流ではないのは当然です。

仕事で出来る人に嫉妬してしまう人がド三流な理由を紹介します。

 

スポンサーリンク

仕事で出来る後輩や部下に嫉妬する人はド三流

 

嫉妬したところで意味がない

残念ですが嫉妬したところで何も意味はありません。

仕事が出来る人の能力を超えることも、出来る人を貶めることも出来ません。

嫉妬したところで何一つ状況が変わるわけがありません。

 

嫉妬をしても仕事が出来る人はどんどん仕事をしていきますよ。

 

嫉妬しても自分の能力を向上するわけではないので同じ状況が続くでしょう。

嫉妬しているだけでは何一つとして解決しません。

つまり、考えるだけ無意味な時間でしかありません。

 

嫉妬をすること自体に意味は無くて努力をしたりすることに意味があります。

 

つまり、割り切ることが出来ないと無意味な時間と消耗が続くだけです。

そもそも他人の仕事が出来る出来ないでそこまで自分の人生に影響があるでしょうか。

 

無駄なプライド

仕事での嫉妬ですが無駄なプライドが原因です。

この手のタイプは自分が悪くても謝らなかったりします。

プライドのせいで自分の価値や評判を落としていると言っていいでしょう。

 

一流の人は無駄なプライドに拘らず物事を解決したり進めることを優先します。

 

嫉妬から相手に何か嫌な思いをさせても何も解決しません。

また、プライドがあるゆえに、ミスをしても謝らなければ人間関係が悪化するかもしれません。

誇るべきプライドはあってもいいですが、誠意を欠く無駄なプライドは必要ありません。

 

必要のないプライドに拘ったところで物事が停滞して時には悪化させるだけだと言えます。

 

プライドだけが高い人は先輩後輩関係なく面倒な相手になります。

下手にプライドを持たないように意識すれば解決する問題かと思います。

 

他人からすると迷惑

嫉妬というその人一人の感情で行動されても相手は迷惑だと感じることも多いです。

特に嫉妬心や妬みを前面に出すような人は他人に迷惑をかけています。

相手の仕事に干渉したり、真正面から悪口を言うなど人としては信用できない人になります。

 

三流の人は仕事においては誰も信用しなくなります。

 

他人の邪魔をしたり人間関係を壊すような事をしても信頼を失うだけです。

無駄な感情が無ければ何も問題も起きません。

あえて自分から問題を起こしているとも言えます。

 

僻みや妬みなど嫉妬の感情は基本的に仕事においては良いことはありません

 

仕事では感情は割り切って使うものであって一方的な悪意を持ってはいけません。

他人に迷惑をかけると自分の信頼を失うだけです。

恋愛のような関係なら嫉妬が良い方向に向かう事はありますよね。

 

他人の成功は褒めた方がいい

他人の成功を褒めて讃えた方が人望も集まります。

お互いに物事を上手く進めて調和を保てばいいものを、嫉妬してしまうと強調が失われたりします。

当然ながら他人を褒めたたえることのできる人の方が人として魅力的です。

 

他人の成功を素直に喜び応援出来る人の方が人間的としては尊敬できます。

 

僻んで「自分の方が上だ」と言う姿勢では、誰しも対応に困るでしょう。

感情的に相手を認めたくないだけであって、残念ながら良い人柄だとは言えません。

他人の成功に「負けていられない」と競争意識を持つならとてもいいことです。

 

他人の成功を見聞きして奮起出来たり賞賛できる人の方が人の上に立つことが相応しいと言えます。

 

否定や妬みの感情は人間関係の悪化に繋がることもあります。

尊敬される人は人格面を含めて魅力が多いと言えます。

 

スポンサーリンク

まとめ

仕事で部下や後輩に嫉妬する人がド三流であることを紹介しました。

出来る部下や後輩がいることが幸せだと感じる上司や先輩もいます。

そういった人たちとは真逆に嫉妬したり妬むのはとても恥ずかしいことです。

相手の不幸を願ったりするのは人として歪んでいると言えます。

お互いに成功を喜び合う関係こそが最も素晴らしい関係です。

ましてや仕事での実績は経営者、利益、信頼関係などに直結します。

 

多くの人が成功を収めることで全てが良くなっていくので否定や嫉妬をしても良くなることはありません。

スポンサーリンク