自分が有能だと思っている上司や先輩ほど無能な奴はいない。自分の承認欲求を満たすために部下や後輩を利用するな!

自分自身を有能だと思っている人ほど迷惑な先輩や上司になりやすいです。

自分のやり方や考え方に縛られて、自分の成功体験のみで物事を判断します。

正しい結果を出すのに、正しい方法が一つであるとは限りません。

しかし、自分が有能など思っている人は他人にも自分のやり方や考え方を押し付けます。

 

その結果、独善的な人となり独裁的な問題のある職場環境を生み出します。

 

本当の意味で有能な人とは、職場の風紀を乱さず人間関係も円滑にします。

また視野が広いので他人の意見を聞く事が出来て、一方的に仕事や価値観を押し付けません。

これが出来なずに独裁的に仕事をしようとする人は組織に軋轢を生み最終的には人間関係などを壊す無能です。

 

自分自身を過信するがゆえに人間関係を壊すのは無能でしかないと言えます。

 

人間関係を壊していい事があるかどうかなど言うまでもありません。

自分の有能さを証明するために他人を犠牲にするなど、百害あって一利もありません。

それであれば、能力は多少欠如していても調和を保ち、人望がある人と仕事をした方が職場環境は良くなります。

 

自分を有能だと思っている人は他人を使って自分が有能だと証明したいだけです。

 

非常にどうでもいいことで他人が消耗していると言えます。

他人を自分の承認欲求のために利用するのは最低で無能のやる事である理由を紹介します。

 

スポンサーリンク

自分を有能だと思う上司や先輩は無能

 

有能かどうかは他人が決める事

その人が有能かどうかは他人が決める事です。

実務能力が高くても人間性が悪ければ「悪い人」と判断されることもあります。

つまり、他人に自分のやり方を押し付けて訴えられてしまえば真逆の評価になります。

 

有能だと思い込むのは構わないですがそれは他人が評価する事です。

 

自ら「私は優秀だ」と言う人が優秀に思えるでしょうか?

自己主張することで見え方が真逆になる事を理解していません。

むしろ謙虚さがなく他人に迷惑をかけているなら無能そのものです。

 

自分の承認欲求のために協調性を失うような事をしているなら本末転倒で無能です。

 

有能か無能かどうかよりも本来は組織として結果を出すのが目的です。

有能なのは組織として結果を出していける人で、実務能力があっても他人の生産性を下げるような人格の人は無能です。

 

自己評価が高い人は迷惑

自己評価が異常に高い人は迷惑です。

実績や職務能力以上の給料を要求したり評価を求めてきます。

もし会社がこれに応じない場合は本人はもっと仕事に励むでしょう。

 

その結果、周囲が巻き込まれたり迷惑を被ります。

 

本人がやりたいがための仕事が増えてしまったり一方的に協力を求められます。

協力するのはチームとして良い事ですが、自己満足に付き合わされるならチームとは言えません。

生産性を維持、向上させるために協力するべきなのです。

 

自己評価の高い上司は自分の立場ばかり考えて行動します。

 

自分の立場ではなく、部下を動かし大きな実績を残すことを考えるべきです。

自己評価の高い人は部下に迷惑をかけてでも無理難題を遂行しようとするので迷惑です。

 

仕事の能力が高くても人としてどうか

仕事の能力が本当に高いとしても、自分を有能だと思って行動するのはどうでしょうか。

謙虚さの足りない、気が強いだけの人になっていないでしょうか。

能力と人格は比例しないので、仕事が出来ても人としてどうなのかは別物です。

 

自分の仕事の能力を誇張するような人の性格が良いと言えるでしょうか。

 

ましてや、人に何かを教える立場の人がこれでは堪ったものではありません。

いちいち自慢したり、余計なお世話を焼いたりめんどくさい事が多いです。

人によっては他人を見下したりしているでしょう。

 

仕事で他人を見下したり余計なお世話を焼いてもただ嫌われるだけです。

 

当たり前のことが分からない人が有能なわけがありません。

勘違いも甚だしいと言えるでしょう。

 

自意識過剰で有能とは言えない

自意識が過剰な人が有能とは言えません。

何かと自分と比較したりする人が頭がいいように思えるでしょうか。

感情的に行動していると言って良く、それが頭のいい人の振る舞いとは到底思えません。

 

自意識過剰でも行動に出さなければまだ有能な人かもしれません。

 

しかし、行動に出していたらアウトです。

何でも自分に決定権があると思っていたり、一方的な仕事の押しつけをしていればパワハラの可能性もあります。

自意識過剰な精神は無くてもいいものです。

 

そもそも自意識過剰な精神は仕事に必要ありません。

 

最初から要らない精神やプライドで仕事をしているという事です。

不要なものを持ち続けているのは無能な証拠です。

 

スポンサーリンク

まとめ

自分を有能だと思っている上司や先輩が無能な理由を紹介しました。

本当に自意識過剰で、他人に迷惑をかけることが多い人たちです。

自分は有能だと思い込んでいても、口に出したり行動に出すのは間違っています。

自己満足のために仕事をするのは別にかまいませんが、他人に迷惑はかけないで欲しいです。

本当に邪魔でしかないと思います。

 

本当に有能な人は自分を有能か無能かなどちんけな事を考えてもいない事を理解できないのでしょうか。

スポンサーリンク