謝ったら何でも許してもらえるなんて大間違い。反省しない人間は人望がない邪魔な人

悪い事をしたと感じたら相手にきちんと謝るのは人として当然の行いです。

相手の迷惑になる事や傷つけるようなことをして何も無かったかのように振る舞うのは最低な行いと言えるでしょう。

また、逆ギレするのは以ての外です。

このような人は人としては最低なクズだと言えます。

 

そして反省のない人間は人望もなく邪魔な存在です。

 

反省しない人間は何度も他人の迷惑になるような行動を取ります。

他人を傷つけても自分の事しか考えておらず、逆に自分の行動を棚に上げたり正当化しようとします。

近くにいるだけでも嫌な存在で、出来れば関わりたくない事が多いです。

 

そもそも何でも謝ったからと言って許してもらえるとは限りません。

 

自分が悪い事をしておきながら、誤っても相手が許してくれないと「何で許してくれないんだ!」と逆ギレする人がいます。

自己愛の強い、自分が全てな最低最悪な性格の悪いクズ人間ですね。

謝っても他人にとって許しがたいことであれ到底許すことなどできません。

 

相手の気持ちを考えたり出来ない出来損ないの人間だと言えます。

 

許すかどうかは相手が決める事です。

許して貰えないならその事実を受け止めてその後の振る舞いを決めるべきです。

 

スポンサーリンク

なんでも許されると思っている人はクズ

罪の意識が薄すぎる

何でも謝れば済むと思っている人は罪の意識が薄すぎます。

そのように他人の気持ちや尊厳を軽薄に捉えている時点で、自分の事しか考えていません。

相手の事を思っていれば、謝る側も自己嫌悪に苦しんだりします。

 

罪の意識が低すぎるから謝っても許してもらえないようなことをするのです。

 

やってはいけないこと、言ってはいけないことを考えることが出来ればこのような事にはなりません。

相手が深く傷つくような事をして、許してもらえるなんて虫の良い話はありません。

傷ついた側に「許せ」と責任転嫁するのも人として最低です。

 

罪の意識が薄い人間は人間関係でトラブルを起こしがちな邪魔な人です。

 

迷惑をかけているのに自己中心に振る舞うのは最低です。

邪魔なので近くに来ないで欲しいですね。

 

相手の気持ちを理解できない

相手の気持ちが理解できない人は許してもらえません。

開き直って逆ギレするようであれば、尚更顰蹙を買うでしょう。

場合によっては「アスペルガー症候群」のような病気かもしれません。

 

思いやりを持てないクズ人間が許してもらえるわけがありません。

 

相手の気持ちを理解できないから「何で許してくれないんだろう」などという無価値な悩みを抱えるのです。

本当に申し訳ない気持ちでいっぱいなら「どうしたら償えるか」や「どう接したらいいか」と考えるでしょう。

許してもらえる前提では相手の気持ちを蔑ろにしたままで、絶対に許してもらえないでしょう。

 

謝罪の意味を理解していない

謝ったら許してもらえると思っている人は「謝罪」の意味を理解していません。

謝罪は「許しを請う」行為であって「許してもらえる」わけではありません。

許すかどうかを決めるのは相手です。

 

謝罪したら問題が解決すると思っている人は謝罪の意味を理解していない馬鹿な人です。

 

謝って許されるなら法律は必要でしょうか。

犯罪に対する刑罰は必要でしょうか。

謝罪したからと言って許される訳ではありません。

 

謝罪し反省してその後の自分の振る舞いを正すことに意味があると言えます。

 

「ごめんなさい」と言う言葉だけでは問題が解決するわけではありません。

反省せずに迷惑行為を繰り返し、謝罪も繰り返すような人も邪魔で不要なクズ人間です。

 

ただの逆ギレ

許してもらえると思っているのはただの逆ギレです。

悪い事をした側の人間が、相手が許さない事を咎めるなどあり得ない思考です。

感情的に行動しやすい短絡的な脳みそしかない馬鹿でしょう。

 

迷惑をかけた上に逆ギレするような人間が邪魔なのは当たり前です。

 

誰だってこのような人と仲良くなりたいとは思いません。

性格が悪すぎて到底、良い人間関係など築く事は出来ないでしょう。

その腐りきった性格含めて自分を見直し深く反省した方がいいでしょう。

 

自己中心すぎる

許して貰えると思っている人はあまりに自己中心です。

自己中心な迷惑な人か、自己愛が強すぎて我儘であったり性格が歪んでいる人です。

仕事でも学校でもいられるだけで迷惑で邪魔な人です。

 

自分の事が一番大切で他人を蔑ろにする最低な人です。

 

自己中心的な人は反省することが出来ません。

普通の人は、悪い事や迷惑をかけたら謝り反省し、二度と同じような事をしないようにします。

しかし、自己中心的な人はどうでしょうか。

 

悪い行いであっても正当化しようとして反省もせず繰り返し問題を起こします。

 

もはや病気だと言ってもいいでしょう。

自己中心な人がいるとチームや組織は迷惑しか被りません。

 

単純に人として最低

最後に当たり前の話ですが、謝って許してもらえると思っている人は人として最低です。

反省もなく形だけの謝罪しかしていないと言ってもいいでしょう。

謝罪が足りていないと思ったらもっと謝る人もいます。

 

謝罪しても許して貰えないなら行動で示したり距離を考え直すことが必要です。

 

それを「許してくれない」などと思う事が自体が見当違いです。

相手にとってストレスにならない、そして謝罪以外の誠意を見せる必要があるのに真逆の行動です。

人として最低な思考の人は、何をするにも最低だと言えます。

 

スポンサーリンク

まとめ

何でも誤れば許されると思っている人は反省しない人望のない人であることを紹介しました。

許す許さないは謝罪を受けた側が決める事です。

謝ったら何でも許してもらえるわけではありません。

だからと言って、謝らない人は以ての外で最低以下のゴミですね。

普段から思いやりをもって接していればこのような事態になる事もありません。

謝っても許されないようなことをする人は普段の行動から他人の迷惑になることをしていて、性格は最悪であるという自覚を持った方がいいです。

 

スポンサーリンク