ミスをひた隠しにする人と仕事をしてはいけない

 

仕事をしていると自分のミスをひた隠しにする人がいます。

ミスによる影響が広範囲に渡っていても自分から話したがらない人もいて困ってしまう事もありますよね。

ミスを隠し通そうとする人はとても無責任で自己保身しか考えていない最低な人です。

 

ミスをひた隠しにする人と一緒にいると悪いことしかありません。

 

そもそも自分の非を隠し通そうとする性格自体が良くないです。

決して同じような人間になってはいけません。

自分の行いには責任をもって行動するのが大人の振る舞いです。

 

大人の振る舞いが出来ない人というのは子供である証です。

 

責められたくないという逃げの精神です。

理不尽なことや耐え難い苦痛を強いられることから逃げるのは当たり前です。

しかし、自分の行いで他人に迷惑をかけても知らない顔をするのは最低行為です。

 

ミスをひた隠しにして問題が沈静化するのを待つのは愚かな行為です。

 

そんな人とは一緒に仕事をしていはいけない理由を紹介します。

まともな人として生きていく方が結果的に自分のためになります。

 

スポンサーリンク

ミスをひた隠しにする人と仕事をしてはいけない

ミスを隠す習慣が身についてしまう

ミスを隠す人と一緒に仕事をして、ミスを隠すのが当たり前になってはいけません。

悪いことを隠すということは、バレたときに何倍も厳しく罰せられるということです。

自己保身を図っても結果的には事態を悪化させるだけです。

 

ミスを隠すということはきちんと報告するよりも何十倍もリスクがあります。

 

素直になれないという「くだらない理由」で厳罰を受けるのは損でしかありません。

そもそも隠すという行いが悪いことであるのは言うまでもありません。

ミスを隠す人は当たり前の事すら出来ない人であるということです。


当たり前のことが出来ない人になるのはデメリットでしかありません。

 

他人から信用されない人になってしまいます。

自己保身ばかり考えている人が他人から好かれたり信頼されることはありません。

 

迷惑を被る

ミスを隠す人がいると迷惑を被ってしまいます。

ミスがバレたときや他人が気づいたときに当の本人がいない場合があります。

そうなると、ミスしていない人が対応させられてしまうことがあります。

 

ミスした人が逃げて他の人が対応に追われるのは迷惑でしかありません。

 

ミスを隠し他人に迷惑をかけるのは最低な行いです。

最低な人のせいで仕事を増やされてしまうのは不毛です。

真面目にやっている人が損をするだけだと言えます。

 

ミスを隠す人と仕事をしても良いことはなく悪いことしかありません。

 

ミスを隠すスキルを上げたところで無責任さが増すだけです。

被害を被る前に告発したり遠ざけてしまいましょう。

 

人間関係でトラブル

自己保身優先の人は性格が悪いです。

他人に真っ当な理由で咎められない限り反省しません。

ミスを告げ口すると、告げ口をした人を批判したり逆ギレする人もいます。

 

性格の悪い人がいると人間関係に軋轢が生まれてしまいます。

 

残念ですがミスを隠そうとする人は性格がいいとは言えません。

ミスを報告することでトラブルになりそうであればタイミングを計って黙っているのは問題ありません。

悪いのはミスを隠して無かったことのようにする人です。

 

ミスを無かったことのように振る舞う人は性格の悪い自己中心人物です。

 

無責任、無神経、感情的な性格である傾向が強いです。

人間関係のトラブルは少ない方が良いでしょう。

 

ミスは悪いことではない

そもそもミスすることは仕方のないことです。

確認不足や認識の誤りなど原因が明確であっても誰しもが完璧ではありません。

誰でも仕事でミスをすることがあって当然です。

 

仕方のないことを隠して問題を悪化させる必要はないのです。

 

ミスをして他人に影響があるのであればきちんと報告しましょう。

先に報告するのとひた隠しにして後から始末書になるのであれば後者の方が苦痛です。

場合によっては処罰対象となります。

 

ミスをすることは仕方のないことであって隠すことにメリットはありません。

 

ミスをしてもきちんと報告して反省できないとまともな人間にはなれません。

終わったことは仕方ないと割り切れない人は無責任になってしまいます。

 

スポンサーリンク

まとめ

仕事でミスをひた隠しにする人と一緒に仕事をしてはいけない理由を紹介しました。

ミスを隠しても迷惑をかけたり被ったり、必要以上に罰せられたり隠すことがデメリットでしかありません。

平気でそのような振る舞いをする人からは学べることはありません。

むしろ、人として悪い見本でしかなく絶対にマネをしてはいけません。

真っ当な人間として振る舞うことが信頼や信用を得るのに必要だと言えます。

スポンサーリンク