仕事で死にそうだと思ったらすぐ辞めよう!仕事を放り投げても誰も死なない

あなたは仕事で死にそうだと感じたことがあるでしょうか。

実際に「死にそう」までいかなくても「慢性的に体調が悪い」などは無理をしてはいけません。

仕事のために健康を害するのは最も不幸なことです。

 

もし仕事で「死にそう」と感じたらすぐに逃げましょう。

 

逃げることは悪い事ではありません。

自分を守るのに必要な事であって、他人が咎めていいわけがありません。

悪い事をして無責任に逃げ出すのは批判されても、自分を守るために逃げるのは正当防衛と一緒です。

 

死にそうと感じる基準は人によって様々なので自分の基準で問題ありません

 

他人は耐えていることなどは関係ないのです。

それは他人が好きで耐えているだけなので、自分が無理に見習う必要はありません。

無理なら無理と自分の意思に従ってしまっていいのです。

 

生活費のための仕事に命や健康を脅かされるのは本末転倒でしかありません。

 

ダメだと思ったらすぐに逃げる準備をしましょう。

健康あっての幸福と人生です。

 

スポンサーリンク

死にそうだと感じたらすぐ逃げよう

 

全ては会社と職場が悪い

仕事を放りだしたところで誰も死にません。

職務規定では職責を果たさない場合は懲罰処分などを課す規定があると思います。

しかし、それで人が死ぬことも無ければ一人の社員がいなくなるだけで業務に支障を来すような体制の職場が悪いです。

 

そもそも論として社員が突然逃げ出すような環境で業務をしていることが悪いのです。

 

会社や職場が問題をきちんと認識し対応していれば問題のない話です。

職務放棄されたことに怒るよりも、自分たちの非を知るべきなのです。

悪い行いをしておきながら、その反動で迷惑を被っているだけで、そこに怒っても逆ギレです。

 

人が逃げ出すような仕事や職場は会社と職場が悪くて逃げる人は悪くありません

 

逃げて当然と言っていいでしょう。

全てはそんな会社が悪いので引け目を感じる必要はありません。

 

会社が損をするだけ

仕事を放りだすことで、影響があるのは会社の利益や残った人の仕事量だけです。

残された人からすると怒りが込み上げてくるかもしれません。

しかし、誰かが死ぬわけでもありません。

 

損をするのは会社だけで命が救われるなら会社の損害などどうでもいいのです。

 

むしろ、人の命や健康より会社を優先する方がおかしいです。

そんな「狂っている」会社なんて辞めてしまっても当たり前です。

「死んでも終わらせないといけない仕事」なんてこの世には存在しません。

 

誰かの健康や命を犠牲にして成り立つ会社なんて世の中にはいらない会社です。

 

潰れてしまって結構ですね。

人を大切にしない会社や職場は撲滅して下さい。

 

所詮仕事である

仕事を放棄すると言っても所詮仕事です。

仕事なんて世の中にたくさんあります。

今の会社や仕事だけが全てではありません。

 

生きるためにお金が必要であって仕事はその収入源の一つの手段でしかありません。

 

仕事をしないと死んでしまう訳ではありません。

お金がないと困るだけで、仕事をしなくてもいいなら無理にやる必要もありません。

仕事をしないと困る人が仕事をすればいいです。

 

仕事はお金を稼ぐツールであって苦痛になるならあえて従事するメリットはありません

 

社会人は仕事をしないといけないわけではありません。

なぜ健康を害してまで仕事にしがみつかなければいけないのか理解不能です。

 

健康が一番大切

仕事なんかよりも健康の方が何百倍も大切です。

誰かが逃げて仕事が増えて辛くなったらその人も逃げてしまえばいいです。

無理に耐えようとするから問題は大きくなっていきます。

 

理不尽や無理難題に耐えても健康にはなりません。

 

仕事を放棄しても誰も死にませんし、放棄された側の人もまた放棄してしまえばいいです。

無理矢理、ストレスに耐え続けて仕事をさせようとするのが問題です。

崖っぷちまで追いつめられないと、物事の本質を会社や職場は理解しません。

 

無駄な精神論や根性論よりも健康が一番大切です。

 

くだらない同調圧力は無視してしまいましょう。

本人たちが痛い目に合うまでは気持ちを理解してもらえることはありません。

 

スポンサーリンク

まとめ

仕事で死にそうと思ったらすぐに逃げるべき理由を紹介しました。

仕事で健康や命が害されるのはとても悲しい事です。

本来あってはならない事で、人生の中で健康はとても大切な事です。

それを害してまで仕事をするのはやめましょう。

また、それを根性論で批判する人たちは無視して逃げましょう。

仕事を放り投げても誰も死にませんから。

スポンサーリンク