転職したいと思ったら転職して失敗しても残っても後悔する

転職したいけれど迷っている人はたくさんいると思います。

今では転職すること自体は特別なことでもなく珍しくもありません。

大手企業でも一定数の人は転職しています。

 

転職したいと思っても「後悔したらどうしよう」と思う人も多いはずです。

 

初めての転職の人ほど不安は強いでしょう。

経験がないのは未知数でしかなく、他の会社からの評価が分からないので足踏みしてしまうと思います。

しかし、「辞めたい」と思っているのは変わらないと思います。

 

転職したい気持ちを抑えて悩みを抱える会社に居続けるのも精神的には辛いです。

 

そして不安に思う理由の中には「今より辛かったらどうしよう」という点もあるでしょう。

転職者の話を聞いても、それが本当かどうか疑ってしまう部分もあると思います。

確かに転職者の全員が全員、転職して幸福になったかと問われると必ずしもそうではありません。

 

しかし辞めて転職したい人は転職して失敗しても残ってもどちらにしろ後悔します。

 

つまり、成功するためにチャレンジするか残り続けることを選ぶかどうかです。

どちらの選択をしても後悔する理由を紹介します。

 

スポンサーリンク

転職したいと思ったら残っていても後悔

 

辞めたい会社に残っても不満は消えない

辞めたいと思う会社に残っても不満はそのままです。

「辞める辞める詐欺」の状態で不満を言い続けることになるでしょう。

不満があるのに転職に踏み切れないのは悩みを抱え続けるか、独自で解決するしかありません。

 

一度会社を辞めたい気持ちに火がつくと辞めるまで不満は解消されない事が多いです。

 

逆に言えば辞めずに今の会社にたいする不満が問題かどうかを判断することは出来ません。

他の世界を知り、比較が出来てから初めて正しい判断が出来ると言ってもいいです。

井の中の蛙では、外と中の比較をしても憶測だけが先行してしまいます。

 

年齢は重ねるだけ不利に

転職したいと思う年齢が、20代であれば全くもって問題ありません。

しかし、30代などは年齢が上がれば上がるほど転職市場では転職できる会社が変わります。

不満だけ抱えて年齢を重ねてしまうと転職のチャンスも減ってしまいます。

 

あの時辞めておけば良かったと後悔する可能性があります。

 

当然、逆も然りで「辞めなくてよかった」と思う人もいるでしょう。

問題が解決されるなら残っても後悔しないパターンもあります。

しかし、辞めずに解決できる問題であれば「転職」という選択肢に対して熱意はあまり無かったのかもしれません。

 

入れた会社に入れなくなる

転職の求人は時期や年度、または企業の事業の状況に応じて常に変化します。

採用の基準も同様に変化するでしょう。

そういった意味だと、転職はタイミングと運も必要です。

 

そのタイミングによっては入れる会社もあれば入れない会社もあります。

 

タイミングを逃すと、実は応募すれば内定を取れた企業の求人もなくなります。

また、募集要項や職種が変わってしまい書類選考で落とされてしまうかもしれません。

つまり、行きたい会社があり入りやすい求人を逃してしまうと二度と入社することが出来なくなる会社もあるという事です。

 

スポンサーリンク

転職して失敗しても後悔

 

辞めないと分からない事実

転職をして環境が変わり新しい不満を抱えることもあります。

そこでの不満と転職前の不満を比較した時に、どちらがマシと感じるかはやはり転職してみないと分かりません。

人間なので「失敗」しないと分からない事もあります。

 

転職して失敗したとしても辞めた会社の良さは残っていても分かりません

 

失敗を恐れるなら転職はしない方が良いと思いますが、成功する人もたくさんいます。

ただし、失敗も成功も人によって定義は異なります。

失敗だと感じるなら再度転職するのも良いですし、同じ過ちを繰り返したくないなら不満を抱えても残り続けるのも本人次第です。

 

長くいた環境の居心地の良さは当たり前

転職するまでに長く勤めていたのであれば、転職先に違和感や不満を抱えやすいのは当然です。

慣れた環境と言うのは誰しも居心地が良いものです。

自分の部屋にいる時と、他人の部屋にいる時では居心地の良さは違うでしょう。

 

どんな環境も慣れるまでは違和感があり慣れてしまえば大して不満にならない事が多いです。

 

しかし、慣れの問題ではない「給料」や「人間関係」、「労働時間」などは当たり外れがあります。

ホワイトな環境からブラックな環境への転職はかなり辛い思いをするでしょう。

ただ、これも実際に経験してみて初めて分かる事なので転職前にどうにかできる問題でもありません。

 

妥協は必ず必要

どんな会社に入るにしても妥協は必ず必要です。

転職しない場合は不満を持っていても諦める必要があります。

転職する場合も、全てが理想的な会社は存在しない事を前提にするべきです。

 

どんな会社でも不満な事や嫌な事が必ずあります。

 

新しい環境ではとりわけ「後悔した」と思う事が多いかもしれません。

一切の後悔のない転職を実現するのは難しいものです。

ただ、後悔しない転職が実現出来れば楽しい会社生活になるでしょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

転職したいと思った人が、辞めても辞めなくても後悔する理由を紹介しました。

転職で「失敗」と感じるのは明らかな待遇の差や思っていた仕事と違う場合が多いです。

また人の入れ替わりが激しく、そこに人間関係や労働の問題などを抱えている場合でしょう。

失敗する前提で紹介している感はありますが、きちんと会社選びをすれば失敗と感じるような酷い会社に入ってしまう事は少ないです。

要は辞めずに悩みを抱え続けて後悔するか、新しい環境での悩みに直面して後悔するかの違いでしかありません。

本当に悩みのない会社もあるので、そういった転職を実現するためにチャレンジするかどうかは本人次第です。

スポンサーリンク