仕事中の真面目さを押し付けるのは息苦しくするだけ。自由でいいじゃない

仕事中にサボっていはいけないと良く言います。

確かに真面目に仕事だけに取り組んでいる人と、不真面目な人が同じ給料を貰っているのが許せないという気持ちも分かります。

しかし、仕事の本質は真面目や不真面目など態度で決まるものでしょうか。

 

仕事の本質は成果を上げて生産性を維持・向上させることで態度は実際には関係ありません。

 

お客さんの前で悪い態度を取れば成果が無くなるかもしれません。

なので顧客や相手の立場などで振る舞いを変えるでしょう。

では会社のオフィスで特に仕事のない時はどうでしょうか。

 

別に何をしていても一緒ですし空き時間を真面目に過ごして仕事において何か良い事があるでしょうか。

 

勉強していれば「熱心な人だ」と思われ仕事を探していれば「真面目な人だ」と思われるでしょう。

ですが生産性が無ければ態度が真面目でも意味はありません。

仕事はお金を稼ぐ手段であって、良い人に見られるためのものではありません。

 

日本人は仕事の本質よりも姿勢や態度を必要以上に気にしすぎな人が多すぎます。

 

一定数居るなんて限定的な人数ではないと思います。

ほとんどの人が「仕事中は何でも真面目にやる」ことが当たり前だと思っています。

しかし、それを押し付けても意味は無いと思います。

 

スポンサーリンク

真面目さを押し付けない方が自由

 

休憩時間が増えて何が悪いのか

仕事の空いている時間にスマホを見たり動画を見たりすると今の社会では怒られてしまいます。

他人に迷惑をかけているわけでもないのに「真面目にしろ!」と言われてしまいます。

ですが自分の仕事をきっちりやっていれば空いた時間くらい自由に過ごしてもいいのではないのでしょうか。

 

タバコ休憩だってスマホ休憩だって旅行予約休憩だってあって良いのではないでしょうか。

 

四六時中、堅苦しく過ごしてストレスばかり溜まらないでしょうか。

定時の時間は変えられないとしても自由な時間がもっと増えていいと思います。

先ほども書きましたが仕事の本質は成果を出す事です。

 

椅子に座って資料見て時間を潰すことは仕事でもないですしスマホ見てるのと何も変わりません

 

成果が出てないなら何をしていても一緒です。

自分たちで働きにくい社会を作るのは止めた方がいいと思います。

 

仕事はやることやってれば問題なし

仕事はやることさえきちんとやっていれば問題ありません。

問題になるのは本業を放置して遊んでいる人や休憩ばかりの人です。

これは外回りの営業が良い例ではないでしょうか。

 

彼らは空いた時間はカフェで休憩していますし営業が出来ていれば空き時間に何をしているかは問われません。

 

なのに内勤者だけは常に監視されているような状態です。

仕事の本質としては外回り営業のような働き方で問題ないはずです。

オフィスに縛り付けて四六時中仕事だけに括り付けるのは拷問のような気がします。

 

姿勢や意識などばかり気にして仕事するのを止めた方がみんな気持ちが楽になると思います。

 

自分の仕事をこなしていれば問題なし、ではダメなのでしょうか。

会社は社員の一体何にお金を払っているのでしょうか?

 

海外では問われない

海外の労働環境を見聞きすると、やはり仕事が無い時間は自由に過ごしている人も多いようです。

それ自体は日本でも一部の会社は可能だと思います。

しかし一番の違いがあると思います。

 

そういう会社や人を誰も気に留めないし何も問わないのがグローバルな会社の方だと思います。

 

日本だと、「羨ましい」や「不誠実」と思われそうですが、たぶん海外の人は何も思いません。

聞いても「別にいいんじゃない」くらいで返ってくるのではないでしょうか。

日本人ほど他人の行いが気になって仕方のない人種はいないのではないでしょうか。

 

あえて自由な行動を捨てて奴隷のように働く姿が正しい姿でしょうか。

 

仕事の時間は一切プライベートな事は出来ず仕事だけに縛り付けるのは息苦しいだけでしょう。

そもそも平日にしか出来ない用事もありますし、もう少し寛容で良い気がします。

 

ストレスが溜まるだけ

他人の行動を気にしても、相手に投げつけてもストレスになるだけです。

自分の仕事を終わらせて毎日帰れば良いだけでしょう。

他人を見て自分にストレス与えても仕方ありません。

 

怒ったところで仕事の生産性は上がらず溜まるのはストレスだけです。

 

むしろ、仕事中に何度か軽くリフレッシュして仕事の精度が維持できるならリフレッシュするべきです。

常に仕事モードでがちがちになっていてもストレスです。

スマホ見たり動画見たりして、仕事が捗るならむしろ有益だと思います。

 

息抜きを許さず常に仕事で追い込んでも病気になったり辞めていくだけです。

 

仕事が趣味なら良いですが、お金稼ぎのツールでしかない人もいます。

社会人だからと言って仕事が全てではないという事です。

 

スポンサーリンク

まとめ

仕事中の真面目さを他人に強いない方が自由な理由を紹介しました。

やはり日本は自縄自縛な気がします。

もっと緩くていいところ、ガチガチに締め切ってしまうような気がします。

サボる事が生産性低下に繋がると思っていたりするでしょう。

サボる事よりも残業の方が圧倒的に生産性を下げています。

やることやって自由にしている人は生産性がきちんとあります。

少しは海外を見習って少しばかりテキトーになってもいいと思います。

 

 

スポンサーリンク