就活で良い会社に入りたいなら下手に出過ぎない方が良い理由

就活するときに「何とか採用してくれませんか」という気持ちで活動している学生も多いと思います。

日本ではなぜか「会社に雇ってもらう」と求職者側の立場を弱く見ることが多いです。

法律的には「職業の自由」があるため求職者側に仕事や会社を選ぶ権利があるはずです。

 

求職者側が会社よりも圧倒的に弱い立場であるというのは本当に悪い文化だと思います。

 

なぜなら会社も求職者も「お互いに必要」と認識して働くのが本当のあり方だからです。

しかし日本では雇用する側が「取るか取らないか」で決めきってしまいます。

雇用する側が立場を誇張して上から目線の採用方式を取っている事が多いです。

 

それ故に就活をしていて良い会社に入りたい人は下手に出過ぎない方が良いと言えます。

 

日本人は謙る事が多いため下手に出やすいです。

就活限らず社会に出てからも必要以上に謙虚な態度や振る舞いを求められてしまいます。

謙虚な事は悪い事ではありませんが相手に隙を作ってしまう事でもあります。

 

そこで今回は就活で良い会社に入りたいなら下手に出ない方が良い理由を紹介します。

 

今の「上から目線採用」はやめていくべきだと思います。

就活している学生も内定ブルーにならなくていいような素晴らしい会社に入れると良いなと思います。

 

スポンサーリンク

良い会社に入りたいなら下手に出過ぎない

 

情けをかけてくる

内定が出なくて困っている人からすると情けでも内定が欲しいかもしれません。

しかし、情で採用されて本当に嬉しいかと問われると素直に喜べないと思います。

下手にフォローしても意味は無いのでストレートに言いたいと思います。

 

下手に出て情けで採用されたらそれは「仕方なく採用しただけ」です。

 

それでも内定があるだけマシと思える人は良いでしょう。

ですが必要とされたわけではなく消去法か数合わせの採用です。

そのような姿勢で雇用されて、良い待遇があるかと言えばおそらくありません。

 

何なら「雇ってあげたんだから感謝しろ」とまで思われたり口にする人もいます。

 

実際に言われるとかなり気分が悪いと思います。

お情けの採用とは、中規模以上の会社では気になりませんが中小ではこのように人を見下す人もいます。

 

人を大切にする会社は人を見下さない

人を大切にしている会社は求職者であっても見下しません。

そもそも見下すという概念のない会社で無意識で他人を大切にします。

下手にプライドだけある会社は「うちの会社に相応しい人材」を求めていて非常に気持ちが悪いです。

 

人を大切にする会社は下手に出なくても魅力的な部分をしっかりと見てくれます。

 

マナーの範囲で謙虚な姿勢を持って、強気に面接しても良いでしょう。

その強気を「生意気だ」と受け止めるか「やる気がある」と受け止めるかは会社と面接官によって異なります。

例えば「自分なら御社の仕事でも活躍できる自信があります!」と言った時などに評価が分かれるでしょう。

 

下手に出ずにそのままの姿勢を評価してくれる会社は仕事を始めてからも同じように評価してくれます。

 

内定を取る事ではなく、働いてからの環境も重要です。

下手に出ないと生意気だと思われるような古臭い会社だと入ってからも仕事がしにくいと思いますよ。

 

変なプライドのある会社は後悔する

有名な会社はプライドあってしかりですが、中小でもなぜか変なプライドを持った会社もあります。

特に大手のグループ子会社などは、親会社やグループの看板を盾に変に上から目線な事が多いです。

そういった大手の看板もないのにプライドを持っている会社もあります。

 

変なプライドに拘り上から目線で採用するような会社に下手に出て内定は取らなくていいです。

 

社員数数万人くらいの会社でもなければとてもすごい会社というわけではありません。

中小から中規模の会社を馬鹿にしているように聞こえると思いますが、実際事実ではないでしょうか。

数百人、数千人の企業が数万人の社員を抱える大手企業と同じ事業で競争して勝てるでしょうか。

 

逆に学生の多くは大手企業や有名企業を望んでいるので本来は中小でも面接に来てくれる優秀な人には感謝すべきなのです。

 

変なプライドのせいで有能な人材が流出する会社は入ってから後悔します。

身の程を知らない会社に入っても、それに見合った人材ばかりで後悔することが多いと思います。

 

下手に出ると奴隷にされる

下手に出る姿勢を好む会社は社員をこき使う会社もあります。

腰の低いことと謙虚だと純粋に評価する会社もありますが謙虚さを悪用する会社もあります。

理不尽を言っても我慢できる人や業務なら何でも協力してくれるような人を採用する会社があります。

 

そのような会社に入ると有無を言わさず馬車馬のように働かせられてしまいます。

 

もう仕事をしているのではなく仕事を強いられている状態です。

奴隷状態で何を言っても仕事仕事な社会人になってしまいます。

そんな心の豊かさを捨てた働き方は人生を壊してしまいます。

 

優しい人や謙虚過ぎる人ほどこき使われて傷ついてしまいやすいのが日本の働き方です。

 

ですので下手に下手に出ないで少し強気な姿勢があった方が良いです。

何でも仕事を押し付ける会社ではなくて、やる気に応じて仕事を与えてくれる会社に入った方が当たり前の話ですが楽しく仕事が出来るでしょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

良い会社に入りたいなら下手に出ない方が良い理由を紹介しました。

日本市場の「上から目線採用」は心から毛嫌いしています。

求職者が「この会社に入りたい!」と思い雇用側が「この人に働いてもらいたい!」と思えることが大切です。

しかし、雇用側が一方的に「採用してやる」みたいな姿勢なのが本当に良くないです。

日本人の「働かせてもらっている」という考え方は捨てた方がいいです。

働いた分の給料を貰うのは当然であって会社に感謝すべき事ではありません。

下手に出なくても魅力的な会社は人柄やスキルを評価してくれるので下手に謙りすぎなくても良いと言えるでしょう。

スポンサーリンク