「他に行っても通用しないよ?」と言う上司の下で仕事を続けても無意味である。辞めて正解!

2019年2月28日

仕事が辛かったり思っていた内容と違っていたり、辞めようかと悩むことは誰にだってある事です。

環境を変えようと思う事の理由は人それぞれで、決して正解も不正解もありません。

悩みとは本人にとって一番大切なことであり他人が勝手に判断することではありません。

 

そして退職の相談などをした時によく批判的に意見を述べる上司もいたりしますよね。

 

厳密に言えば上司だけではありません。

今の会社が大好きな同僚や社員からすると「辞めたい理由」によっては否定的に言葉を口にします。

自分が好きだからと言って他人が好きとは限らないのは当たり前ですが、そんな当たり前すら分からない人もいます。

 

「君じゃ他に行っても通用しないよ」

「どこの会社も一緒だよ」

「次の会社でも続かないよ」

 

こんな言葉を使う人がいます。

非常愚かしい言葉で、タイトル通りこのような言葉を口にする人とは仕事をしなくて良いです。

辞めた人や辞めたいと思っている人は判断が適切だと思います。

 

ではなぜ上記のような言葉を使う人と一緒に仕事をしない方が良いか理由を紹介したいと思います。

 

口は禍の元と言いますが、性格や価値観も表します。

不要な事は口にしない方がいいですね。

 

スポンサーリンク

「他では通用しない」と言う上司の無意味さ

 

やってみないと分からない

他で通用しないと勝手に言っていますが、そもそもやってもいないのになぜ分かるのでしょうか。

未来予知の能力があれば信じた方が良いと思います。

また、退職希望者が明らかに素行が悪く、職務能力が著しく低いのであればこういわれても仕方なしです。

ですがきちんとマナーを守り仕事が出来ている人は「他では通用しない」となぜ言い切れるのでしょうか。

 

やってもいないのに最初から「失敗する」と不安を煽りたいだけです。

 

おそらく感情的になりやすい人で、辞めることが気に入らないのでしょう。

個人の感情の発散のために相手に不安を煽る言葉遣いをする人は尊敬してはいけません。

そのような人と仕事をしてしまうと将来同じような残念な上司になってしまうかもしれません。

 

他の世界を本当に知っているの?

こういう言葉を使う上司ですが、大抵転職していても1社か2社、多くて3社くらいの経験しかない人です。

その程度で世間を知った気になっている時点で残念です。

確かに1社しか知らないよりはマシですが日本は大企業だけでも1万1000社ほどあります。

 

転職の経験も無ければ外の世界を語るのは論外ですし数社程度の転職や在籍経験で世間を語るのは愚かです。

 

自分基準でしか物事を決められない人なのでしょう。

もし通用しない、失敗すると言いたいなら明確な根拠を示すべきです。

年齢、性別、転職先の業界、社員数、資本などデータから総合的に「君には合わないと思う」と伝えないと何も説得力がありません。

 

視野が狭すぎる

自分基準で「通用しない」や「どこでも一緒」と言う人は視野が狭すぎます。

他の企業ではどういった働き方があって、職種があるのか調べたり体験して確認したことがあるのでしょうか。

何も情報をリサーチせずに安易にこのような事を言う人は視野が狭いです。

 

視野が狭い人は基本的に自分の考えだけで世間や一般論を決めつけてしまいます。

 

転職経験が無い人や転職回数が少ない人ほど、「普通は○○である」の定義がずれています。

例えば出退勤のメール連絡などです。

「遅刻するときは会社に電話するのが普通だろ!」と怒る人もいますが、実態としてメールやチャットアプリでの連絡も既に一般的です。

完全リモートワークの会社もあるのに電話に拘っても時代から遅れていくだけですね。

 

人格否定はパワハラ

冒頭で紹介したフレーズは優し目に書きましたが、もっと過激な言葉を使うモンスター上司もいます。

「お前の能力じゃうち以外で働けない」ような言葉や「お前を雇ってくれる会社は他にない」であったり、実際にあった暴言としては「社会不適合者」などです。

こういった相手の自尊心を傷つける時点で上司以前、社会人以前、人間として失格です。

 

人格を否定するような言葉は退職相談に限らずパワハラであり懲戒処分の対象です。

 

相手の仕事の能力が本当にあるかないか関係なく口にしてはいけない事です。

おそらく感情的になりやすく、理性が弱い残念な人なのでしょう。

思いやりのある人間は、相手の人格を否定するような言葉すら浮かばないと思います。

 

人の上に立つべき人ではない

こういった上司は人の上に立つべき人間ではありません。

会社も人選を誤ったと言えます。

おそらく仕事の数字だけ、勤続年数などだけを評価してしまったのでしょうね。

 

いくら仕事が出来ても、長く勤めていても、他人の自尊心を傷つけたり精神的に傷つくような言動はしてはいけません

 

そもそもこういった当たり前の事を教えてあげないといけないのがおかしな所です。

義務教育からやり直した方が良いと思います。

「思いやり」があれば何事も上手く行きます。

一方通行な感情論しか言わない上司から人が離れていくのは当然ではないでしょうか?

 

スポンサーリンク

まとめ

「他では通用しない」や「続かない」などと言う上司と仕事をしても無意味な理由を紹介しました。

他人の人生を勝手に決めつけるような人間が、人の上に立っているなんて問題ではないでしょうか。

そのような人間に人望があるのか甚だ疑問です。

少なくとも視野が狭くて自分基準でしか物事を決められないような人間です。

長く一緒にいると同じような人間になってしまう可能性があるため離れることは大正解だと思います。

他の世界を知らずに語るのは愚の骨頂という事です。

スポンサーリンク